テストルーブリック 0.0.8

テストルーブリック 0.0.8

アラート

このリファレンスでは、Adobe Experience Platform Auditor のテストで表示されるアラートの詳細を提供します。

アラートは、認識する必要があるが、スコアには影響しない問題を示します。

テスト 条件 推奨

Advertising Cloud - 正しいコンバージョンタグが実装されている

重み付け:0

正しいコンバージョンタグが使用されているかどうかを確認します。

警告:非推奨の TubeMogul コンバージョンタグを使用すると、データが失われる可能性があります。

コンバージョンピクセルを新しい Advertising Cloud 画像専用コンバージョンタグにアップグレードします。

Experience Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、最も容易にこれを実施できます。

Advertising Cloud - 画像専用タグ

重み付け:0

Advertising Cloud の画像ピクセル形式は、次の推奨形式のいずれかと一致する必要があります。

  • http(s)://rtd.tubemogul.com/upi/?sid=<HASH_VALUE>

  • http(s)://rtd-tm.everesttech.net/upi/?sid=<HASH_VALUE>

  • http(s)://pixel.everesttech.net/px2/<NUMERIC_ID>?

Advertising Cloud の全機能を活用できるよう、Advertising Cloud のピクセルを新しい Advertising Cloud の画像専用タグにアップグレードします。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、最も容易にこれを実施できます。

Advertising Cloud - セグメントピクセルの DSP 同期が有効になっている

重み付け:0

TubeMogul セグメントピクセルに DSP 同期設定が含まれているかどうかを確認し、その設定をピクセルに追加することをお勧めします。

DSP Syncing 設定は、クエリ文字列パラメーターを使用して決定されるので、

タグが ("https://rtd.tubemogul.com/upi/?sid=<HASH_VALUE>"

または "http(s)://rtd-tm.everesttech.net/upi/?sid=<HASH_VALUE>"

または "http(s)://pixel.everesttech.net/px2/<NUMERIC_ID>?"

およびタグに URL パラメーター "sid=" が含まれる)に対して実行される場合、

URL パラメーター "cs=0" または "cs=1" が存在するかどうかを確認します。存在しない場合は、オーディエンスの一致率を向上させるために、これらのピクセルに "cs=1" を追加することをお勧めします。

DSP 同期を実行できるよう、URL パラメーター "cs=1" を Advertising Cloud ピクセルに追加します。これにより、オーディエンスの一致率が向上します。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、最も容易にこれを実施できます。

DTM - pageBottom コールバックの配置

重み付け:0

追加情報

Dynamic Tag Management には、_satellite.pageBottom() 関数が必要です。

ベストプラクティスとして、このタグを <body> 内の最後のタグにすることをお勧めします。<body> タグ内にある場合でも、機能する可能性はありますが、ベストプラクティスではないので、正しく機能しない場合や、予期しない結果や望ましくない結果が生じる場合があります。

DTM が適切に機能するよう、</body> 終了タグの直前にインラインスクリプトを追加します。

Experience Cloud ID サービス - 1 つの AdobeOrg のみを使用する

重み付け:0

追加情報

通常の MCID 実装では、単一の AdobeOrg を使用する必要があります。

この実装に複数の AdobeOrg ID が存在することを検証します。

Target - mboxDefault 内のコンテンツ

重み付け:0

追加情報

at.js を使用する場合は、mboxDefault 内にコンテンツが存在する必要があります。

コンテンツが使用可能であることを確認します。

設定

このリファレンスでは、Platform Auditor が設定で実行するテストの詳細を説明します。

Platform Auditor は、タグを他のルールおよび推奨ベストプラクティスと比較して評価します。

テスト 条件 推奨

Advertising Cloud - コンバージョン名は英数字のみを使用している

重み付け:3

ev_conversion_property_name パラメーターには、「 ev_transid」パラメーター ( ev_transid 値には、テキスト値または数値を含めることができます)以外の数値と 10 進数のみを含める必要があります)

ev_ で始まる URL パラメーターを含む、everesttech.net ピクセルを探します。

例:

http://pixel.everesttech.net/1180/t?ev_page_load=1&ev_revenue=$12&ev_transid=1hf74i47

トランザクションプロパティのパラメーターには、数値と小数値のみを含めてください。

警告: その他の値タイプは、データが失われる原因となる場合があります。

Advertising Cloud - コンバージョン名は URL で使用できる文字のみを使用している

重み付け:3

コンバージョンプロパティ名に、アンパサンドや疑問符を含めることはできません。

例:

http://pixel.everesttech.net/1180/t?ev_revenue&order=12&ev_transid=

トランザクションプロパティのパラメーターに、エンコードされていないアンパサンドや疑問符が含まれていないことを確認してください。これらがあると、URL 形式が壊れます。

警告:プロパティパラメーターにエンコードされていないアンパサンドまたは疑問符(例: ev_formComplete?=1 または ev_formComplete&Submit=1)が含まれる場合、データが失われる可能性があります。

Advertising Cloud - トランザクション ID が正しく実装されている

重み付け:1

プロパティ名 ev_transid= を空にすることはできません。

例:

http://pixel.everesttech.net/1180/t?ev_page_load=1&ev_revenue= 12& ev_transid=

プロパティ名 ev_transid= には、値( ev_transid=)を含める必要があります。値が指定されていない場合、トランザクションデータが失われる可能性があります。 ev_transid= に値を割り当てるか、ピクセルからパラメーターを削除します。

Analytics - DOM でインスタンス化されている

重み付け:5

追加情報

Adobe Analytics コードがインストールされていないか、実行に失敗します。Web ページで解析コードが見つからない場合は、0 を返します。

ページで Analytics タグが実装され、後続のスクリプトアクティビティによってブロックされていないことを確認します。

Analytics - インスタンス化は 1 回のみ

重み付け:5

追加情報

Adobe Analytics コードがページで複数回検出されました。Web ページで解析コードが見つからない場合は、0 を返します。

ページ上の Analytics タグが 1 つだけであることを確認します。

Analytics - 最新バージョン

重み付け:3

追加情報

ページで Analytics コードライブラリの最新バージョンが実行されていません。Experience Cloud テクノロジーの土台となるコードライブラリは、パフォーマンスの向上を活用し、最新の機能を提供できるよう、常に更新および調整されています。Web ページで解析コードが見つからない場合は、0 を返します。

最新バージョンの Analytics ライブラリをインストールしてください。

DTM - 自己ホストされている

重み付け:4

追加情報

DTM ライブラリは、アドビの Akamai インスタンス上(assets.adobedtm.com)でホストされています。

DTM の読み込みには、キャッシュ制御を通じた Web サイトのパフォーマンスの制御、サードパーティスクリプトの依存関係の軽減、および公開プロセスの制御の向上を提供する自己ホスト型アプローチが推奨されます。DTM ライブラリは、お客様自身の Web ホスティングまたは CDN を使用してホストおよび管理できます。

ページに DTM を読み込む場合は、自己ホスト型アプローチを推奨します。Akamai CDN 経由の DTM ホスティングはほとんどの場合において機能しますが、自己ホスティングを使用すると、ページのパフォーマンスが向上します。

DTM - DOM Ready となった後、サードパーティタグが非同期に読み込まれる

重み付け:3

追加情報

優れたユーザーエクスペリエンスと正確なデータ収集のバランスをとるため、DOM Ready 時にサードパーティタグをトリガーする必要があります。これにより、サイトの機能に影響を与えずに、これらのトラッキングスクリプトを確実に実行することができます。

サードパーティのピクセルを実行するすべてのルールを DOM Ready 時に実行するように調整することで、この問題を解決します。

Experience Cloud ID サービス - 最新バージョン

重み付け:2

追加情報

訪問者 ID サービスコードライブラリ( visitorAPI.js)の最新バージョンがページで実行されていません。Experience Cloud テクノロジーの土台となるコードライブラリは、パフォーマンスの向上を活用し、最新の機能を提供できるよう、常に更新および調整されています。

最新バージョンの訪問者 ID サービスライブラリをインストールしてください。

Target - 最新バージョン

重み付け:2

追加情報

Target コードライブラリの最新バージョンがページで実行されていません。Experience Cloud テクノロジーの土台となるコードライブラリは、パフォーマンスの向上を活用し、最新の機能を提供できるよう、常に更新および調整されています。

最新バージョンの Target ライブラリをインストールしてください。

Target - mboxDefault は mboxCreate よりも優先される

重み付け:5

追加情報

mboxCreate の適切な使用方法は次のようになります。

<div class="mboxDefault"><! -顧客コンテンツ--></div><script>mboxCreate('myMboxName')</script>

mboxCreate() を呼び出す前に、必ず <div class="mboxDefault"></div> タグを含めてください。at.js による追加はおこなわれません。

Target - 有効な DOCTYPE

重み付け:5

追加情報

無効な DOCTYPE が検出されました。このシナリオでは、mbox は起動されません。

at.js の場合、DOCTYPE は標準モードである必要があります。そうしないと、Target は動作しません。

ページ上の DOCTYPE を更新します。

タグの整合性

このリファレンスでは、Platform Auditor がタグの整合性を確認するために実行するテストの詳細を説明します。

Platform Auditor は、URL をまたいでタグの整合性を評価します。

テスト 条件 推奨

Analytics - コードバージョンが一貫している

重み付け:5

追加情報

複数のバージョンの Analytics コードが見つかりました。

Analytics のすべてのインスタンスを最新のバージョンに置き換えてください。

タグの有無

このリファレンスでは、Platform Auditor がタグの有無を確認するためにおこなうテストの詳細を説明します。

Platform Auditor では、タグの有無、およびタグがページコード内の適切な場所に配置されているかを評価します。

テスト 条件 推奨

Advertising Cloud - コードの有無

重み付け:5

Advertising Cloud タグは DOM では使用できません。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用して、Advertising Cloud タグを実装します。

Advertising Cloud - セグメントピクセルが実装されている

重み付け:5

Advertising Cloud セグメントピクセルを新しい Advertising Cloud の画像専用コンバージョンタグにアップグレードしてください。非推奨の AMO セグメントタグを使用すると、データが失われる可能性があります。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用して、Advertising Cloud セグメントピクセルを実装します。

Analytics - DOM に読み込まれている

重み付け:5

追加情報

Adobe Analytics タグが検出されませんでした。

最新バージョンの Analytics をインストールしてください。

DTM - ライブラリが読み込まれている

重み付け:5

追加情報:

DOM 内にグローバル _satellite オブジェクトが見つかりませんでした。Dynamic Tag Management がインストールされていないか、実行に失敗します。

ページで DTM ライブラリが実装され、後続のスクリプトアクティビティによってブロックされていないことを確認します。

DTM - 埋め込みコードが 1 つ

重み付け:5

追加情報

実稼動サイトでは、1 つの DTM ライブラリのみを読み込みます。

実稼動ライブラリのみがページに読み込まれていることを確認してください。

DTM - <body> 内に pageBottom コールバックが存在する

重み付け:5

追加情報

Dynamic Tag Management で必要な _satellite.pageBottom() コールバックが、 <body> 内で見つかりませんでした。

このテストは、pageBottom コールがページで見つからない、または <head> タグ内(または他の予期しない場所)にある場合に失敗します。pageBottom<body> タグ内で見つかった場合にのみ合格となります。ページ上にない場合は機能せず、他の 2 つの pageBottom テストも失敗します。

DTM が適切に機能するよう、</body> 終了タグの直前にインラインスクリプトを追加します。

DTM - pageBottom タグが実行された

重み付け:5

追加情報

DTM pageBottom タグが検出されませんでした。

if (false) {_satellite.pageBottom()} と似た結果になる if ステートメント内で呼び出しが行われた場合に発生する可能性がありますしたがって、タグが存在し、正しく配置されている場合でも、タグは起動しない可能性があります。

各ページに DTM pageBottom 呼び出しをインストールします。

Experience Cloud ID サービス - Cookie の有無

重み付け:5

追加情報

AMCV_ cookie が見つかりませんでした。訪問者オブジェクトは、VisitorAPI.js コードからインスタンス化する必要があります。

DTM 実装の場合は、AdobeOrg ID が MCID ツールに正しく入力されていることを確認します。

Experience Cloud ID サービス - MID 値が存在する

重み付け:5

追加情報

AMCV_ cookie に MID 値が見つかりませんでした。

もう一度テストして、MCID API の遅延時間を確認してください。問題が解決しない場合は、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

Experience Cloud ID サービス - インストールが必要です

重み付け:5

追加情報

Experience Cloud ID サービスコードが見つかりませんでした。ECID は、Experience Cloud ソリューションから最大限の価値を引き出すために強く推奨され、EC ソリューション全体の ID 管理にとって重要です。

最新バージョンの MCID をインストールしてください。

Target - <head> でライブラリが読み込まれました

重み付け:4

追加情報

Target ライブラリは、<head> タグに読み込まれます。

Target ライブラリが <head> タグに読み込まれていることを確認してください。

このページ