TLS 1.0 および 1.1 の廃止

Transport Layer Security(TLS)は、2 つのシステム間にセキュリティで保護された通信チャネルを確立するための暗号化プロトコルです。一方または両方のシステムの認証に使用され、システム間で渡される情報の機密性および完全性を維持します。2018 年 5 月より、TLS プロトコルの 3 つのバージョン、TLS 1.0、1.1 および 1.2 の使用が開始されました。

2019 年 3 月、Adobe は TLS 1.0 プロトコルのサポートを終了しました。TLS 1.0 のみをサポートするブラウザーを使用するエンドユーザーには、Adobe Audience Manager 機能を使用できません。

2020 年 3 月、Adobe は TLS 1.1 プロトコルのサポートを終了します。TLS 1.1 のみをサポートするブラウザーを使用するエンドユーザーには、Adobe Audience Manager 機能を使用できなくなります。

プロトコルの最新バージョン(本書の作成時点において)である TLS 1.2 を使用することをお勧めします。すべてのモダンブラウザーが TLS 1.2 を使用しています。ブラウザー、バージョンおよびそれらの TLS サポートの一覧を収集しました。TLS ブラウザのサポートの詳細については、トランスポート層のセキュリティに関する Wikipedia のリンクを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now