キー値ペアの解説

標準のキー値ペアとシリアル化されたキー値ペアを定義し説明します。

キー値ペアは 2 つの関連するデータ要素(キーと値)で構成されます。キーは、データセットを定義する定数(例:性別、色、価格など)です。値は、そのセットに属する変数(例:男性/女性、緑、100 など)です。完全形式のキー値ペアは、次のようになります。

  • gender = male
  • color = green
  • price > 100

標準およびシリアル化されたキー値ペア

宛先はキーと値のデータを standard または serialized 形式で受け取ります。標準形式では、データを個別のキー値ペアに編成します。各キーは、明示的に指定されます(異なる値を定義するために再利用される場合でも)。それに対して、シリアル化形式では、複数の値を単一のキーで定義された 1 つのセットにまとめます。また、シリアル化されたペアでは、キー値セット内で値を区切るために、特別なインジケーターが使用されます。最後に、標準およびシリアル化されたキー値には、単一または複数の値を含めることができます。標準およびシリアル化されたキー値形式の例を次の表に示します。

形式 単一キー キー値ペア
標準 x=1&x=2 x=1&x=2&y=3&y=4
シリアル型 x=1;2 x=1;2&y=3;4

キー、デリミター、セパレーター

シリアル化データを扱う場合、キー値ペア​​およびキー値ペア​​の値を区切る文字を指定する必要があります。キー値ペアの要素は、次のように定義されます。

  • キー:​キー値ペア内の一意の識別子。
  • 値デリミター:​個々のキー値ペアを区切ります。
  • キー値セパレーター:​キー値ペア内のキーと値を区切ります。
  • シリアルセパレーター:​シリアル化されたキー値ペア内の個々の値を区切ります。

標準およびシリアル化されたキー値要素

タイプ キー キー値セパレーター キー値デリミター シリアルセパレーター
単一キー (Standard) x=1&x=2 x = & なし
キーと値のペア (標準) x=1&x=2&y=3&y=4 x,y = & なし
単一キー (シリアル) x=1;2;3 x = なし ;
キーと値のペア(シリアル) x=1;2&y=3;4 x,y = & ;

このページ