DPID と DPUUID に代わる CID

d_dpidd_dpuuid の代わりに d_cid または d_cid_ic を使用するようにコードを更新してください。DPID および DPUUID 変数は引き続き機能しますが、これらは既に廃止されています。DPID や DPUUID の、d_ prefixが付かないバージョンも同様です。

DPID と DPUUID:復習

DPID と DPUUID は、データプロバイダー ID とユーザー ID で構成されるキー値ペアです。これらのキー値ペアは、プロバイダー ID をユーザー ID にリンクするためのものです。これらはイベント呼び出し、受信同期イベント、ID 呼び出しの場合にデータの一部として送信されます。これらがなければ、Audience Manager などのサービスや機能は、ID を照合し同期させる方法がありません。これらの変数には、以下のように、d_ プレフィックスが付く場合も付かない場合もあります。なお、コードの​斜体​の部分には実際の情報が入ります。

変数 構文

データプロバイダー ID(DPID)

  • d_dpid=data provider ID
  • dpid=data provider ID

データプロバイダー個別ユーザー ID(DPUUID)

  • d_dpuuid=data provider unique user ID
  • dpuuid=data provider unique user ID

これらのキー値ペアはまだ機能しますが、廃止されています。代わりに CID または CID_IC を使用するようにコードを更新してください。

CID と CID_IC:概要

CID および CID_IC キー値ペアは DPID と DPUUID に取って代わるものです。これらは DPID や DPUUID と同じ機能を提供しますが、データプロバイダー ID(または統合コード)とユーザー ID が 1 つのキー値ペアに含まれているので、より効率的です。それぞれのキー値ペアでは、以下がおこなわれます。

  • キーとそれに関連する値が = 記号で区切られます。
  • 非印字 ASCII 文字 %01 で値が区切られます。

d_cidd_cid_ic では以下の構文を使用します。なお、コードの​斜体​の部分には実際の情報が入ります。

変数 構文

顧客 ID(CID)

d_cid=data provider ID%01user ID

顧客 ID 統合コード(CID_IC)

d_cid_ic=integration code%01user ID

integration code は、データソース ID の代わりに使用できる代替 ID で、Audience Manager によって割り当てられます。統合コードを設定する必要がある場合は、データソースの作成を参照してください。

また、宣言済み ID の URL 変数および構文も参照してください。

メモ

統合コードは、独自のデータソースとアクセス可能なグローバル 共有データソースに使用することができます。例えば、モバイル識別子データソースを扱う際に統合コードを使用できます。次の統合コードを以下の指定どおりに使用します。

  • DSID_20914(GAID 用):Android オペレーティングシステムを搭載したデバイスを表します。
  • DSID_20915(IDFA 用):iOS オペレーティングシステムを搭載したデバイスを表します。

次の表にイベントタイプ別に例を示します。

Event Type

イベント

  • 新規: .../event?d_cid=123%01987...
  • Deprecated: .../event?d_dpid=123&d_dpuuid=987...

受信同期(IBS)

  • 新規: .../ibs:d_cid=123%01987...
  • Deprecated: .../ibs:d_dpid=123&d_dpuuid=987

Audience Manager UUID(ID)の生成

  • 新規: .../id?d_cid=123%01987...
  • Deprecated: .../id?d_dpid=123&d_dpuuid=987

各呼び出しには、次のように、複数の d_cid および d_cid_ic キー値ペアを含めることもできます。

...?d_cid=123%01456&d_cid=123%01789&d_cid_ic=543%01333...

開発チーム向けの重要な考慮事項

項目

説明

URL encoding

開発チームは、CID キー値ペアの次の変数に URL エンコーディングを適用する必要があります。

  • user ID (dpuuid)
  • integration code

注意:ユーザー ID と統合コードを URL エンコードしてから、連結して文字列にする必要があります。これは、2 つの変数を区切っている ASCII 文字 %01 を URL エンコーディングで表現してはいけないからです。

URL エンコーディングによって、+ や = などの予約済みの文字や安全でない文字を含んだユーザー ID や統合コードをサーバーに正しく送信できるようになります。

ASCII エンコーディング表を参考にしてください。

グローバル共有データソースへの統合コードの使用

統合コードは、独自のデータソースとアクセス可能なグローバル 共有データソースに使用することができます。例えば、モバイル識別子データソースを扱う際に統合コードを使用できます。次の統合コードを以下の指定どおりに使用します。

  • DSID_20914(GAID 用):Android オペレーティングシステムを搭載したデバイスを表します。
  • DSID_20915(IDFA 用):iOS オペレーティングシステムを搭載したデバイスを表します。

このページ