特性ルールおよびセグメントルールの作成または更新

ワークシートの作成および更新において traitRule ヘッダーを使用することができます。これにより、複数のルールを 1 回の操作で適用できるようになります。一括ルールのリクエストをおこなうには、以下の手順に従ってください。

メモ

Audience Manager UI で割り当てられる RBAC グループ権限は、Bulk Management Tools に対しても適用されます。

特性ルールの使用

ワークシートの特性ルール列は、ブール式、比較演算子、正規表現で構成されるルールを受け付け、また返します。Audience Manager のビルダーで特性またはセグメントを使用したルールを作成し、それらをワークシートにコピーできます。または、構文についての知識をお持ちの場合、直接ワークシートに式を記述できます。

ルールビルダーの例

Segment Builderを使用してルールを作成し、一括ワークシートにコピーする方法の例を見てみましょう。ただし、ここではこれらのツールの一連の操作手順については触れず、単純なルールが既に作成済みであることを前提とします。ルールビルダーの使用方法については、セグメントビルダーおよび特性ビルダーを参照してください。

ルールビルダーのビジュアルな画面を使用して、3 つの特性および Boolean 演算子 AND で構成されるセグメントが既に作成されています。

Code View」をクリックし、このルールのテキスト版を取得します。

ヒント

ルールロジックを確認するには、「Validate Expression」をクリックします。これは、無効なルールをアップロードすることを防ぐのに役立ちます。

Bulk Management Toolsのワークシートにルールをペーストし、変更をコミットしてセグメントルールを一括更新します。

独自ルールの作成

Rule Builder外で独自ルールを記述できます。作業を開始する前に必ず、演算子、式および必須変数などについて説明されているドキュメントをお読みください。以下の項目を確認することをお勧めします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now