一括リクエスト

一括リクエストでは、更新、作成、推定および削除の各ワークシートの様々なヘッダーで使用できるデータを返します。

NOTE

Audience Manager UI で割り当てられる RBAC グループ権限は、Bulk Management Tools に対しても適用されます。

Request ワークシートには独自の列ヘッダーはなく、ID を列にコピーする必要はありません。代わりに、ツールバーでクリックしたアクションボタンに基づいて、データが返されます。また、オプションのレポート機能により、ピクセル実行の頻度と、複数の固定期間でのユニークユーザー数が返されます。

一括リクエストをおこなうには、Bulk Management Tools ワークシートを開き、以下の手順に従ってください。

  1. Request」タブをクリックします。

  2. ワークシートの上部にあるツールバーで、目的のデータに対応するリクエストボタンをクリックします。次のものをリクエストできます。

    • アルゴリズムモデル
    • データソース
    • 派生シグナル
    • 宛先マッピング
    • アルゴリズムを使用した、ルールベースの特性とオンボードの特性
    • セグメント
    • 特性フォルダーとセグメントフォルダーの ID

    Audience Manager API は一括データを Request ワークシートに書き込みます。

NOTE

結果の createTime 列と updateTime 列では、データが指数表記で返されます。基になる日時スタンプは UNIX UTC 時間で記録されます。現在、このワークシートでは日時スタンプは読み取り可能な形式で返されません。

一括更新でエラーが発生した場合や失敗した場合は、一括管理ツールのトラブルシューティングを参照してください。

このページ