Audience Manager の概要

最終更新日: 2023-04-12
  • トピック:
  • Overview
    このトピックの詳細を表示

Audience Manager は、オーディエンスデータアセットを 1 つにまとめるのに役立ちます。それにより、サイト訪問者について商業的に関連性のある情報の収集や、マーケティング用のセグメントの作成および適切なオーディエンスをターゲットにした広告やコンテンツの提供が容易になります。さらに、堅牢なデータ収集機能、制御機能および保護機能を備えており、タグの導入および管理も簡単です。

Audience Manager を利用すると、データ販売者、エクスチェンジ、または需要側プラットフォームに縛られることがありません。また、ユーザーのパートナーのデータアセットに関しては、Audience Manager はまったく関知しません。複数のデータソースにアクセスできる Audience Manager を使用すると、デジタルパブリッシャーは幅広いサードパーティデータを使用できます。 アドビのパートナーソリューションチームが、ターゲットオーディエンスに関する正確かつ賢明な意思決定を行えるようお手伝いします。

DMP(データ管理プラットフォーム)の 3 つの機能

DMP(データ管理プラットフォーム)の機能は、次のように 3 つのカテゴリにまとめることができます。

3 つの DMP 機能のイメージ:データ入力、オーディエンス作成、データ出力

データ入力

Audience Manager は、チャネルとデバイス(Web 分析、CRM、デバイスデータ、e コマースなど)からファーストパーティデータを収集します。

オーディエンスの作成

データをオーディエンスプロファイルに統合し、デバイスやチャネルをまたいだ顧客の全体像を提供します。類似モデルを作成、オーディエンスセグメントとプロファイルのグループを構築し、セカンドパーティとサードパーティのデータソースで補完します。

データ出力

オーディエンスセグメントを、需要側プラットフォーム(DSP)、キャンペーン管理システム、その他のマーケティングプラットフォームにプッシュして活用します。

詳細情報

詳しくは、次のリソースを参照してください。

このページ