受信処理後パートナーに送信されるメッセージの例

インバウンドの Server-to-Server ファイルが処理されるたびに、パートナーソリューションに対してレシートが電子メールで送信されます。また、設定によってはパートナーにも送信されます。

次の例は、サンプルの電子メールメッセージです。メッセージの後の表は、メッセージの各行の説明です。

From: aam-noreply@adobe.com

Subject: Adobe Audience Manager Server-To-Server Processing Result:

Dear Adobe Partner: (ID:7)

We have received your Adobe Audience Manager Server-To-Server file delivery

File name:

s3n://<bucket_name>/2018-05-17/ftp_dpm_7_901_1368806402.sync

s3n://<bucket_name>/2018-05-16/ftp_dpm_7_901_1368655202.sync

s3n://<bucket_name>/2018-05-17/ftp_dpm_7_901_1368784804.sync

s3n://<bucket_name>/2018-05-17/ftp_dpm_7_901_1368806403.sync

s3n://<bucket_name>/2018-05-17/ftp_dpm_7_901_1368784802.sync

s3n://<bucket_name>/2018-05-17/ftp_dpm_7_901_1368784803.sync

s3n://<bucket_name>/2018-05-17/ftp_dpm_7_901_1368806404.sync

Records received: 40669900

Format Errors: 0

Invalid AAM ID: 112

No Matching AAM ID: 0

No Trait Realized: 26730823

Records processed: 40669900

Stored Records: 13938958

Total devices: 21

Total signals: 918878926

Total unused signals: 660348376

Total realized traits: 258086908

Total removed traits: 0

Total traits failed validation: 0

Total users that have traits which failed validation: 0

Job start time: 2018-05-17 18:07:49

Job end time: 2018-05-17 18:45:02

次の表の各行は、受け取る電子メールメッセージの各行に対応しています。

説明
File name

このパートナーについてアドビが受け取り、一括で処理されたすべての受信ファイルのリスト。前述のサンプル電子メールメッセージでは、パートナー ID は 7 で、データ所有者 ID は 901 です。

末尾の番号(1、2、3、...)は、ユーザーまたは受信配布者により追加される分割番号です。

Records received

アドビがすべてのファイルで受け取ったレコードの合計数。ほとんどの場合、これは受信ファイルの行の合計数です。

Format Errors

所定の形式と一致しない行の数です。これらの行は受信ジョブでは認識されていません。

Invalid AAM ID

所定の 38 桁の形式と一致しない Audience Manager UUID の数。または、ファイルで送信された Audience Manager UUID が数値ではありません。

No Matching AAM ID

Audience Manager が該当する UUID を検出できなかったユーザーの合計数。これらのファイルは ID 同期されていないので、Audience Manager は UUID を参照できません。

No Trait Realized

行のシグナルがいずれも Audience Manager 特性にマッピングされていないレコードの数。

Records processed

Audience Manager が処理したレコードの合計数。ほとんどの場合、この数は「Records received」と同じです。

Stored Records

データが最終的にシステムにロードされたレコードの数 = Records processed - Format Errors - Invalid AAM IDs - No Matching AAM ID - No Trait Realized。

Total devices

データがシステムにロードされたデバイスの数。

Total signals

すべての受信ファイルでの、すべてのユーザーに対するシグナルの合計数(処理済みレコードのキーと値のペアの合計数)。

Total unused signals

すべての受信ファイルでの、すべてのユーザーに対する未使用シグナルの合計数(Audience Manager 特性にマッピングされていないキーと値のペア)。ほとんどの場合、これは Audience Manager でこのシグナルに対してルールが定義されていないことを表します。

Total realized traits

すべての受信ファイルでの、すべてのユーザーに対する Audience Manager 特性の数を、シグナルに基づいて算出したもの。

Total removed traits

すべての受信ファイルでの、すべてのユーザーについて削除された特性の合計数。完全同期の場合、ユーザーが前回の実行時に特性を持ち、今回の実行時に特性がなかった場合に発生します。

Total traits failed validation

ファイル名で宣言されたデータソースに属していない特定の数を表します。

Total users that have traits which failed validation

検証に失敗した特性が含まれていたレコードの数。

Job start time

受信ジョブが開始した時間。

Job end time

受信ジョブが終了した時間。

このページ