送信テンプレートマクロ

送信テンプレートの作成に使用できるマクロの一覧を示します。ファイル名マクロ、ヘッダーマクロ、コンテンツマクロなどがあります。

ファイル名およびファイルヘッダーマクロ

次の表は、ファイル名で使用できるマクロと、ヘッダーのフィールドを定義するためのマクロの一覧と説明です。コードのサンプルについては、送信マクロの例を参照してください。

マクロ 説明

ASCII_SOH

非表示の ASCII 文字。コンテンツの行またはセクションの開始を表します。ファイル内のデータ列を区切る場合にも使用できます。

DPID

データプロバイダー ID。

MASTER_DPID

ユーザー ID キーデータプロバイダー ID。

NEW_LINE

アウトバウンド注文での複数行ヘッダーの作成を許可します。

ORDER_ID

オーダー/宛先 ID。

PID_ALIAS

オーダー/宛先 ID のエイリアス。

このエイリアスは管理 UI で設定します。

SPLITNUM

送信ファイルを複数の部分に分割することを示します。ファイル名の SPLITNUM セクションに部品番号に置き換え、先頭にゼロを付けて SPLITNUM セクションの文字が 3 文字以上になるようにします。

SPLITNUM マクロは、<> 文字で囲む必要はありません。

例:<SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>SPLITNUM.csv

s3_123456_9999_full_1566906141001.csv

s3_123456_9999_full_1566906141002.csv

s3_123456_9999_full_1566906141003.csv

上記の例の最後の 3 桁(001、002、003)は、SPLITNUM 識別子です。

SYNC_MODE

同期タイプを表し、以下の値を取ります。

  • full :完全同期。
  • iter :増分同期。

SYNC_TYPE

データ転送方法を表し、以下の値を取ります。

  • ftp
  • http
  • s3

TAB

このマクロはフィールド間の区切り文字としてタブを挿入します。

TIMESTAMP

10 桁の UTC を示す Unix タイムスタンプ。

Java の日付/タイムスタンプ形式ルールに従って <TIMESTAMP; format="YYYYMMDDhhmmss"> という形式にすることもできます。

コンテンツマクロ

データファイルのコンテンツの書式設定に使用するマクロ。コードのサンプルについては、送信マクロの例を参照してください。

マクロ 説明

CLOSE_CURLY_BRACKET

Inserts a close curly bracket } character.

DP_UUID

データプロバイダー個別ユーザー識別子

これは送信ファイルでのデータの宛先となるデータパートナーの ID です。

DP_UUID_LIST

1 件のデータパートナーに対する複数の ID が含まれるリストを返します。複数の下位部門や、その他の組織グループがある大規模な組織でデータ共有が可能な場合に便利です。このマクロは、これらの下位グループの ID のリストを返します。

DPID

データプロバイダー ID。

DPUUIDS

このマクロの出力では、データプロバイダー ID(DPID)が関連する一意のユーザー ID(DPUUID)にマッピングされます。このマクロには、出力を制御するための書式設定文字列が必要です。出力例として次のようなものが挙げられます。

"dpids=dpid1,dpid2,...dpid n|maxMappings= n|format=json"

maxMappings 設定により、マクロが返すマッピングの数が決定されます。 maxMappings=0 の場合、このマクロは指定された各 DPID のすべてのマッピングを返します。データはタイムスタンプを基準に並べ替えられ(最新のものが最初となります)、最も値が大きいタイムスタンプの結果が最初に返されます。

if(SEGMENT_LIST && REMOVED_SEGMENT_LIST)endif

マクロを組み合わせると、ユーザーが属し、かつユーザーが削除されたセグメントのリストを表示する条件文が作成されます。いずれかの条件が満たされない場合、またはデータがない場合、空の文字列が返されます。

MCID

Adobe Experience Cloud ID。

OPEN_CURLY_BRACKET

Inserts an open curly bracket { character.

OPT_OUT

廃止されました。使用しないでください。

ORDER_ID

オーダー/宛先 ID。

OUTPUT_ATTRIBUTE_TYPE

廃止されました。使用しないでください。

OUTPUT_ATTRIBUTE_VALUE

1 を静的な、ハードコーディングされた値として返します。

PID

パートナー ID。

PIDALIAS

オーダー/宛先 ID のエイリアス。

このエイリアスは管理 UI で設定します。

REMOVED_SEGMENT_LIST

削除されたセグメントがあれば、そのリストを返します。

SEGMENT_LIST

セグメントのリストを返します。次のオプションの引数を使用できます。

  • segmentId :セグメント ID。廃止されました。 sid を使用します。
  • csegid :顧客セグメント ID。廃止されました。 sid を使用します。
  • sid :セグメント ID
  • type 5 を静的なハードコーディングされた値として返します。これはデータをセグメントデータとして識別する値です。
  • alias :廃止されました。使用しないでください。
  • lastUpdateTime :セグメントが最後に認識された時点を示す Unix タイムスタンプ。

この変数は、マクロの後に波括弧で囲みます。例えば、 <SEGMENT_LIST:{seg|<seg.type>,<seg.sid>}; separator=","> のように、このコードは結果をパイプ( | )で区切ります。

SET_ATTRIBUTES

1 を静的な、ハードコーディングされた値として返します。

SYNC_MODE

同期タイプを表し、以下の値を取ります。

  • full :完全同期。
  • iter :増分同期。

SYNC_TYPE

データ転送方法を表し、以下の値を取ります。

  • ftp
  • http
  • s3

TAB

このマクロはフィールド間の区切り文字としてタブを挿入します。

TRAIT_LIST

特性のリストを返します。次のオプションの引数を使用できます。

  • type :特性タイプを数値 ID で識別します。戻り値:
    • 10 :DPM 特性(オフライン、インバウンドジョブで転送されたジョブ)を表します。
    • 3 :ルールベースの特性(リアルタイム、DCS から転送)を表します。
  • traitId :特性 ID。
  • lastRealized :特性が最後に認識された時点。Unix タイムスタンプです。

この変数は、マクロの後に波括弧で囲みます。例えば、 <TRAIT_LIST:{trait|<trait.Id>,<trait.lastRealized>};separator="," のように、このコードは結果をパイプ( | )で区切ります。

UUID

Audience Manager ユーザー ID。

このページ