送信マクロの例

送信ファイルテンプレートの作成に、一部の一般的なマクロがどのように使用されるかを示す例です。

メモ

表中の​太字​は、各マクロとそれに関連する出力の識別に使用しています。形式の例では、各マクロを明確に区切るために < > 記号を追加しています。

ファイル名マクロ

使用可能なマクロと定義の一覧については、送信テンプレートマクロを参照してください。

マクロ 形式と出力例

DPID

形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_ <DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync

出力: ftp_215_ 888_iter_1449756724.sync

MASTER_DPID

形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_ <MASTER_DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync

出力: ftp_215_888_ 20915_iter_1449756724.sync

ORDER_ID

形式: <SYNC_TYPE>_ <ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync

出力: ftp_ 215_888_iter_1449756724.sync

SYNC_MODE

形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_ <SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync

出力:

  • フル: ftp_215_888_ full_1449756724.sync
  • インクリメンタル: ftp_215_888_ iter_1449756724.sync

SYNC_TYPE

形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync

出力:

  • FTP: ftp_215_888_iter_1449756724.sync
  • https: http_215_888_iter_1449756724.sync
  • S3: s3_215_888_iter_1449756724.sync

TIMESTAMP

形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_ <TIMESTAMP>_<admin><.sync>

出力: ftp_215_888_iter_ 1449756724.sync

ヘッダー行マクロ

使用可能なマクロと定義の一覧については、送信テンプレートマクロを参照してください。

マクロ 形式と出力例

TAB

形式: <ORDER_ID> <TAB><SYNC_TYPE>

出力: 888 full.sync

この出力では、各要素は非印刷のタブ文字で区切られています。

ファイルコンテンツマクロ

使用可能なマクロと定義の一覧については、送信テンプレートマクロを参照してください。

マクロ 形式と出力例

DP_UUID

形式: <DP_UUID><TAB> <UUID>

出力: 123456 07955261652886032950143702505894272138

DP_UUID_LIST

形式: <UUID><TAB> <DP_UUID_LIST;separator=TAB>

出力: 07955261652886032950143702505894272138 DP_UUID1 DP_UUID2 DP_UUID3

DPUUIDS

次の節を参照してください。

REMOVED_SEGMENT_LIST

形式: <DP_UUID> <REMOVED_SEGMENT_LIST;separator=" ">

出力: 123456 105955 101183 101180 101179

SEGMENT_LIST

形式: <DP_UUID> <SEGMENT_LIST;separator=" ">

出力: 123456 105955 101183 101180 101179

if(SEGMENT_LIST && REMOVED_SEGMENT_LIST)endif

形式:

{"AdvertiserId":"<PIDALIAS>", "DataCenterId": 2,"TDID":"<DP_UUID>", "Data":[<SEGMENT_LIST:{seg|<OPEN_CURLY_BRACKET>"Name":"<seg.alias>"<CLOSE_CURLY_BRACKET>}; separator=","><if(SEGMENT_LIST && REMOVED_SEGMENT_LIST)><COMMA><endif> <REMOVED_SEGMENT_LIST:{seg|<OPEN_CURLY_BRACKET>"Name":"<seg.alias>", "TtlInMinutes":0<CLOSE_CURLY_BRACKET>}; separator=",">]}

出力:

//First example {"AdvertiserId":"12345", "DataCenterId": 2, "TDID":"dfd215e4-8d6b-4fdb-90b9-fab4456f2c9d","Data":[{"Name":"4321"}]} //Second example {"AdvertiserId":"12345", "DataCenterId": 2,"TDID":"9099e8fe-abab-5114-abaa-28bdaa0539ca","Data":[{"Name":"4321"},{"Name":"987","TtlInMinutes":0}, {"Name":"654","TtlInMinutes":0}]}

注意:最初の例では、マクロは SEGMENT_LIST のデータしか返しません。これは REMOVED_SEGMENT_LIST が空であるためです。2 番目の例では両方のマクロのデータが返されます。

SET_ATTRIBUTES

形式:

<PID><TAB><UUID><TAB><DP_UUID><TAB> <SET_ATTRIBUTES><TAB><OPT_OUT><TAB><SEGMENT_LIST:{seg|<seg.type>,<seg.alias>,<OUTPUT_ATTRIBUTE_VALUE>,<seg.lastUpdateTime>&}>

出力:

1159 00088008579683653741516297509717335000 17t0aj01b120hp 1 0 5,103714,1,1344114661000&5,103713,1,1343250661000

TAB

形式: <DP_UUID><TAB><DP_UUID_LIST;separator=TAB>

出力: 123456 UUID1 UUID2 UUID3

この出力では、各要素は非表示のタブ文字で区切られています。

TRAIT_LIST

形式: <PID><TAB><DP_UUID><TAB><SET_ATTRIBUTES><TAB> <TRAIT_LIST;separator="|">

出力: 1131 12345 1 123|456|789

DPUUID

DPUUID マクロによるデータの出力形式を理解できるように、次のように DPUUID に 2 つのDPID がマッピングされているとします。

  • DPID 1111 は DPUUID AAAA(timestamp = 1)および BBBB(timestamp = 2)にマッピングされています。
  • DPID 2222 は DPUUID CCCC にマッピングされています。

次の表は、これらの条件に基づく、形式を示す文字列とその出力の一覧です。

マッピング条件 マクロ形式 出力

1 つの DPID に対するすべてのマッピングを返す

<DPUUIDS; format="dpids=1111|maxMappings=0|format=json">

[["1111","AAAA"],["1111","BBBB"]]

すべての DPID について最大 1 つのマッピングを返す

<DPUUIDS; format="dpids=1111,2222|maxMappings=1|format=json">

[["1111","BBBB"],["2222","CCCC"]]

DPID 1111 について、マクロは DPUUID BBBB のみにマッピングされます。これは、この ID のほうがタイムスタンプが大きいためです。

1 つの DPID に最大 2 つのマッピングを返す

<DPUUIDS; format="dpids=2222|maxMappings=2|format=json">

[["2222","CCCC"]]

maxMappings=2 ですが、指定した DPID には DPUUID が 1 つしかないので、このマクロで返される DPID と DPUUID のマッピングは 1 つしかありません。

送信テンプレートマクロ

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now