GPT setTargeting API 呼び出しの変更

Google Publisher Tag .setTargeting メソッドを呼び出す前に、Audience Manager の Cookie を確認するための if 文を追加します。

.setTargeting メソッドは、データを Audience Manager の宛先 Cookie と一意のユーザー ID Cookie(aam_uuid)から取得します。しかし、[!UICONTROL DIL] によりこれらの Cookie が書き込まれるより前に .setTargeting が呼び出された場合、またはこれらの Cookie が空の場合、ページを読み込むとエラーが発生することがあります。このような状況が発生しないようにするには、これらの Cookie を確認する if 文で .setTargeting メソッドを囲みます。これらの Cookie が設定されていない場合、この文は .setTargetingAamGpt 関数を呼び出さないようにします。

IF 文コードの例

この例では、Audience Manager の宛先 Cookie の名前は Sample です。この名前は、Audience Manager ユーザーインターフェイス で宛先 Cookie を作成する際に設定します。DIL は aam_uuid Cookie を設定します。この名前は変更できません。

if(typeof AamGpt.getCookie("Sample") != "undefined"){ 
  googletag.pubads().setTargeting(AamGpt.getKey("Sample"),AamGpt.getValues("Sample")); 
}; 
if(typeof AamGpt.getCookie("aam_uuid") != "undefined" ){ 
   googletag.pubads().setTargeting("aamId", AamGpt.getCookie("aam_uuid")); 
};
重要

Google Ad Manager との統合の方法によっては、上記のコード例のうち一部の行だけが必要となることがあります。

  • クライアント側の統合:1~3 行目のみを使用します。
  • サーバー側の統合:どの行も必要ではありません。
  • Audience Manager でのレポートに使用する取り込み Google Ad Manager ログファイル:4~6 行目のみを使用します。このコードにより、aam_uuid Cookie の値がログに挿入され、レポート用に取り込めるようになります。

AamGpt 関数とデータ型

if 文で使用するキー変数を定義します。

関数 のタイプ 説明

AamGpt.getKey

文字列

キーと値のセグメントペアのキーを返します。例えば、キーと値のペアが color=blue である場合、 color が返されます。

AamGpt.getValues

文字列の配列

値を配列( ["value1","value2"] など)で返します。

AamGpt.getCookie

整数

Audience Manager ユーザー ID( 12345 など)を返します。

このページ