特性ビルダーの概要

Trait Builderは、従来のピクセルベースのデータ収集およびオーディエンス作成/セグメント化プロセスを改善する機能です。ユーザーインターフェイスで作成するサーバー側ルールを使用してページデータを処理することで機能します。

単純な「yes」または「true」の条件に応じて実行されるピクセルと比べて、Trait Builderでは以下のことが可能です。

  • すべて​のページデータを収集するので、データを後で使用して関連性の高い有用な特性を作成できる。

  • データ収集中に渡されたキー値ペアに基づいて特性を作成する。

  • ブール式比較演算子を使用したサーバー側ルールで複雑なデータ条件を評価する。

  • インベントリ上のデータ収集ピクセルを管理する必要性が軽減される、またはなくなる。

  • Audience Manager レポートでパフォーマンスを監視する。

このページ