セグメントの詳細ページ

個々のセグメントの詳細ページには、セグメント名、ID、パフォーマンス指標、セグメントを定義するルール、宛先マッピングなど、セグメントの詳細の概要が表示されます。これらの詳細を表示するには、Audience DataSegments を選択し、対象となるセグメントの名前をクリックします。

セグメント管理ツール

セグメントの詳細ページの上部に、セグメントを管理するために使用できるツールがあります。

  1. Add New:このオプションを使用して、Segment Builder をアクティブ化し、新規セグメントを作成します。
  2. Edit:このオプションを使用して、現在のセグメントの設定を変更します。
  3. Duplicate:このオプションを使用して、現在のセグメントのコピーを作成します。
  4. Delete:このオプションを使用して、Audience Manager アカウントから現在のセグメントを削除します。
  5. Marketplace Recommendations:このオプションを使用して、購読していない Audience Marketplace データフィードから、表示しているセグメントに類似したセグメントを見つけます。Marketplace へのナビゲート方法および類似したセグメントを見つける方法について詳しくは、データ購入者向けの Audience Marketplace を参照してください。

basic-segment-information

セグメント情報

セグメント管理ツールの下部に、次のセグメント情報が表示されます。

  1. Basic Information:​セグメントが作成された際に指定された必須およびオプションの詳細を表示します。これらのフィールドが意味することの詳細な概要については、セグメントビルダーを参照してください。

  2. Segment Graph:​固定の 1、7、14、30、60、90 日間隔のグラフでパフォーマンスデータを表示します。セグメント母集団の数については、別の記事で説明します。

    セグメントグラフ

  3. Identity Type Breakdown:​このレポートには、クロスデバイス ID の数と外部デバイスグラフ ID の数をカウントした、セグメントに適合するユーザーまたは世帯の数が表示されます。外部デバイスグラフ ID は、セグメントに適合するデバイスにリンクされています(Total Segment Population で表示)。このレポートに示すクロスデバイス ID と外部デバイスグラフ ID は、セグメントが使用しているプロファイル結合ルールとプロファイルを結合するために使用されます。このレポートは、セグメントが使用しているプロファイル結合ルールで、クロスデバイスデータソースまたは外部デバイスグラフを選択した場合にのみ表示されます。

    セグメントグラフ

    メモ

    Audience Manager では、セグメントに適合するクロスデバイス ID がある場合に Identity Type Breakdown のみレポートが表示されます。

    Identity Type Breakdown の概要については、以下のビデオをご覧ください。

  4. Segment Rules:​セグメントの特性を資格認定ルールと共にリストします。

  5. Destination Mappings:​セグメントの宛先マッピングをリストします。

  6. Management Tools:​セグメントを作成、編集、複製、削除するためのコントロール。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now