Profile Merge Rules 概要

Profile Merge Rules を使用すれば、セグメント化に使用するデータセットを制御し、複数のデバイスにわたって正確にユーザーをターゲット設定できます。

匿名プロファイルと認証済みプロファイルによるデータ収集とターゲティング

通常、オーディエンスのセグメント化とターゲティングは、デバイス上のすべてのユーザーから収集されたデータに基づいておこないます。デバイスレベルのデータに基づくデータ収集とターゲティングには、いくつかのデメリットがあります。例えば、デバイスを共有する複数のユーザーを区別したり、複数のデバイスにまたがるユーザーを正確にターゲット化することができません。デバイスに基づくデータ収集は、デジタルマーケティングキャンペーンやクロスデバイスターゲティングには十分ではありません。

Profile Merge Rulesプロを使用すれば、Audience Manager がデータを収集してユーザーをターゲット化のためにセグメント化する方法が根本的に変わります。これにより、デバイスプロファイルと認証済みプロファイルの 2 種類のプロファイルを操作できるようになります。

プロファイルタイプ 説明
Device Profile A device profile is tied to an ID for a given device such as a cookie ID or mobile device ID.

以下のようなものがあります。
  • Rule-based traits ユーザが認証されない場合に実現。
  • Onboarded traits を、サードパーティデータなどのデバイスIDに関連付け cookie-basedることができます。
Authenticated Profile The authenticated profile is tied to a user ID passed in when a person logs in to your site.

以下のようなものがあります。
  • Rule-based traits ユーザーが認証されたときに、デバイス間で収集されます。
  • Onboarded traits 」が同じユーザーIDにリンクされているオフラインファイルに含まれていることを確認します。

これらの各種のプロファイルにより、セグメント化に使用できるデータを制御します。For example, with an authenticated profile, you can build accurate segments based on data from multiple devices for a single user. これにより、複数のデバイスにまたがってユーザーに対し一貫したブランドエクスペリエンスを提供できるようになります。Audience Manager は、個人がオンラインアクティビティに使用する様々なデバイスのマッピングを認証済みプロファイルに保存することで、これを実現します。これらのマッピングは、Profile Link Device Graph と呼ばれます。

メリット

Profile Merge Rules では、以下のことが可能です。

  • 認証済みプロファイル、匿名プロファイル、またはその両方の組み合わせに基づいて、ユーザーをターゲット化する。
  • デバイス間で特定の顧客をターゲット化する。
  • 決定論的データに基づいてデバイスグラフを作成する。
  • Fine tune the data in your segments based on different profiles.
  • オーディエンスに関する詳細なインサイトを得る。

このページ