Profile Merge Rules 概要

Profile Merge Rules を使用すれば、セグメント化に使用するデータセットを制御し、複数のデバイスにわたって正確にユーザーをターゲット設定できます。

匿名プロファイルと認証済みプロファイルによるデータ収集とターゲティング

通常、オーディエンスのセグメント化とターゲティングは、デバイス上のすべてのユーザーから収集されたデータに基づいておこないます。デバイスレベルのデータに基づくデータ収集とターゲティングには、いくつかのデメリットがあります。例えば、デバイスを共有する複数のユーザーを区別したり、複数のデバイスにまたがるユーザーを正確にターゲット化することができません。デバイスに基づくデータ収集は、デジタルマーケティングキャンペーンやクロスデバイスターゲティングには十分ではありません。

Profile Merge Rulesプロを使用すれば、Audience Manager がデータを収集してユーザーをターゲット化のためにセグメント化する方法が根本的に変わります。これにより、デバイスプロファイルと認証済みプロファイルの 2 種類のプロファイルを操作できるようになります。

プロファイルタイプ 説明
Device Profile device profileは、特定のデバイスの ID(cookie ID やモバイルデバイス ID など)に関連付けられています。

以下のようなものがあります。
  • ユーザーが認証されていない状態で認識された、Rule-based traits。
  • Onboarded traits を、cookie-based やサードパーティデータなどのデバイス ID に関連付けることができます。
Authenticated Profile authenticated profileは、ユーザーがサイトにログインした時点で渡されるユーザー ID に関連付けられています。

以下のようなものがあります。
  • ユーザーが認証されている状態でデバイス間で収集された、Rule-based traits。
  • Onboarded traitsは、同じユーザー ID にリンクされているオフラインのファイルです。

これらの各種のプロファイルにより、セグメント化に使用できるデータを制御します。例えば、認証済みプロファイルを使用すると、複数のデバイスから収集した 1 人のユーザーに関するデータに基づいて正確なsegmentsを生成できます。これにより、複数のデバイスにまたがってユーザーに対し一貫したブランドエクスペリエンスを提供できるようになります。Audience Manager は、個人がオンラインアクティビティに使用する様々なデバイスのマッピングを認証済みプロファイルに保存することで、これを実現します。これらのマッピングは、Profile Link Device Graph と呼ばれます。

メリット

Profile Merge Rules では、以下のことが可能です。

  • 認証済みプロファイル、匿名プロファイル、またはその両方の組み合わせに基づいて、ユーザーをターゲット化する。
  • デバイス間で特定の顧客をターゲット化する。
  • 決定論的データに基づいてデバイスグラフを作成する。
  • 各種のプロファイルに基づいてsegmentsのデータを微調整する。
  • オーディエンスに関する詳細なインサイトを得る。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now