新しいデバイスベースの宛先の追加

この記事では、Audience Manager ユーザーインターフェイスから新しいデバイスベースの宛先を設定する方法について説明します。

重要

現在、ほとんどのデバイスベースの宛先では、セルフサービス設定ワークフローを利用できません。追加する必要があるデバイスベースの宛先が宛先リストに表示されない場合は、アドビコンサルタントまたはカスタマーサポートにお問い合わせください。

概要

新しいデバイスベースの宛先を追加するプロセスは、2 つの主な手順で構成されます。まず、Audience Manager と宛先パートナーの統合を設定する必要があります。その後、新しいデバイスベースの宛先を作成できます。

前提条件

統合プラットフォームを使用して初めてデバイスベースの宛先を作成する場合は、アドビコンサルティングまたはカスタマーケアに連絡して、Audience Manager とアカウントの統合プラットフォームの間の ID 同期を有効にしてください。Audience Manager と宛先プラットフォームの同期を正しくおこなうには必要な操作です。

手順 1.宛先プラットフォームの認証

新しいデバイスベースの宛先を作成する前に、Audience Manager と宛先プラットフォームの統合を設定しておく必要があります。手順は次のとおりです。

  1. Audience Manager アカウントにログインして、Administration > Integrated Accounts に移動します。宛先プラットフォームとの統合を設定したことがある場合は、このページに表示されます。それ以外の場合、ページは空になります。

  2. Add Account」をクリックします。

  3. 認証する宛先プラットフォームを選択し、「Confirm」をクリックすると、選択したプラットフォームの認証ページにリダイレクトされます。

    integrated-platforms

  4. 宛先プラットフォームアカウントを認証すると、Audience Manager にリダイレクトされ、関連する広告主アカウントが表示されます。使用する広告主アカウントを選択し、「Confirm」をクリックします。

手順 2.新しいデバイスベースの宛先を作成する

宛先プラットフォーム統合を設定したら、新しい宛先を作成できます。手順は次のとおりです。

メモ

既存のデバイスベースの宛先の名前を変更することはできません。宛先を正しく識別するために役立つ名前を指定してください。

  1. Audience Manager アカウントにログインし、Audience Data > Destinations に移動して、「Create Destination」をクリックします。

  2. Basic Information」セクションで、新しい宛先の「Name」および「Description」を入力し、次のリストの設定を使用します。

    設定

    • Category:Integrated Platforms、
    • Type:Device-Based、
    • Platform:オーディエンスセグメントを送信する宛先プラットフォームを選択します。
    • Account:選択したプラットフォームに関連付けられている広告主アカウントを選択します。
  3. Next」をクリックします。

  4. この宛先に設定するデータ書き出しラベルを選択します。

  5. Save」をクリックします。

  6. Segment Mappings」セクションで、この宛先に送信するオーディエンスセグメントを選択します。

  7. 宛先を保存します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now