検索結果のフィルタリング

シグナルタイプに基づいてシグナル検索の結果をフィルタリングします。

  1. Audience Data > Signals > Searchへ移動し、目的のキーと値のペアを使用して Signals Search を実行するか、フィルターを使用して検索範囲を広げます。

  2. Filter by Signal Type」セクションで、以下のカテゴリに基づいて検索結果をフィルタリングします。

    • Actionable log files:Google DCM ログファイル経由で受信したシグナル。
    • Adobe Analytics:ご使用の Adobe Analytics アカウントから受信したシグナル。シグナルを表示するレポートスイートを選択するには、「Filter by report suites」ドロップダウンメニューを使用します。
    • General online data:訪問者別に生成され、アクションにつながるログファイルと Adobe Analytics には含まれていないリアルタイムデータ。
    • Onboarded records:バッチデータ転送で受信したデータ。シグナルを表示するデータソースを選択するには、「Filter by data source」ドロップダウンメニューを使用します。
  3. オプションとして、後で使用するために検索条件を保存することができます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now