DCS 応答からのユーザー ID と地域 ID の取得

この節では、DCS 応答を解析して、DCS へのリアルタイム呼び出しに必要な訪問者 ID と地域 ID を取得する方法について説明します。

ユーザー ID と地域 ID

DCS 応答には、サイト訪問者に関するデータが含まれています。DCS へのサーバー間呼び出しをおこなうには、訪問者 ID と地域 ID が必要です。

  • ユーザー ID は、データを識別し特定の訪問者に関連付けるのに必要になります。
  • 地域 ID が必要なのは、地域サーバー名に関連付けられているからです。地域サーバー名は DCS へのデータ送信に必要になります。DCS では、サイト訪問者に地理的に最も近いデータセンターに情報を保存します。DCS 地域 ID、場所、ホスト名を参照してください。

これらのパラメーターは次のとおりです。コードの​斜体​の部分には実際の情報が入ります。

パラメーター データタイプ

"uuid": user ID

文字列

"uuid":"123456789"

"dcs_region":region ID

整数

"dcs_region":9

レスポンスのサンプル

この単純な応答では、UUID と地域 ID を示しています。なお、これはサンプルデータにすぎません。実際のログファイルは、より長くより複雑になります。

{
    "stuff": [],
    "uuid": "22920112968019678612904394744954398990",
    "dcs_region": 7,
    "tid": "31ZpxW5bQGc="
}

次の手順

ユーザー ID と地域サーバー名が用意できたら、DCS データの送受信を開始できます。DCS API 呼び出しの実行を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now