DCS 呼び出しでのキーと値のペアの形式

呼び出しをおこなう場合、DCS では標準形式またはシリアル化された形式のキーと値のペアのデータを受信します。この節では、標準のキーと値のペアのデータとシリアル化されたキーと値のペアのデータの形式について説明します。

標準およびシリアル化されたキーと値のペア

キーと値のタイプ 説明
標準

標準のキーと値のペアは単一のキーと値で構成されます。この構造ではデータを別々のキーと値のペアに編成します。各キーは明示的に指定されます。別の値を定義ために再度使用される場合でも、同様です。これは、DCS にデータを送信する最も一般的な方法です。

key1=val1&key2=val2&key3=val3
シリアル型

シリアル化されたキーと値のペアは単一のキーと複数の値で構成されます。これはデータを編成する効率的な方法になりますが、シリアル化されたキーと値のペアには、各キーおよび各キーと値のセットを区切るための特定のシンボルが必要です。

key1=val1,val2,val3

シリアル化されたキーと値のペアの区切り文字

シリアル化されたキーと値のペアでは、変数内の値および変数間を区切るマーカーを指定する必要があります。Audience Manager には次の区切り文字が必要です。

区切り文字のタイプ シンボル 区切る対象
ペア区切り アンパサンド &

キーと値のペア:

key1=val1&key2=val2,val3

値区切り コンマ ,

キーと値のペア内の個々の値:

key1=val1,val2,val3&key2=valA,valB,valC

このページ