用語集

定義および関連情報へのリンク。

A-B

アルゴリズムモデリング

Algorithmic Modelingは、既に特定されているコアユーザーを超える範囲のユーザーにリーチするために使用します。自動化されたデータ分析を通して、固有のオーディエンスを新しく発見できます。Algorithmic Models は Audience Data > Models で管理します。

詳細については、アルゴリズムモデルについてを参照してください。


 

BAAAM

Bulk Management Toolsをインストールします。Audience Manager のBulk Management Toolsは Microsoft Excel ベースのツールセットで、1 回の操作で一度に複数のオブジェクトの作成、修正および削除ができます。データソース、派生シグナル、宛先、フォルダー、セグメントおよび特性を処理できます。この機能は Microsoft Excel スプレッドシートのマクロを使用し、Audience Manager API の認証済みの安全な呼び出しをおこないます。

詳しくは、一括管理ツールを参照してください。

C-D

CDF

Customer Data Feedをインストールします。CDF ファイルとは、Audience Manager で収集されたデータを一括ダウンロードしたものです。これにより、ユーザーインターフェイスに課せられた制限を超えて Audience Manager データを処理できます。CDF ファイルには、Audience Manager イベント呼び出し(/event)でサーバーに送信されるデータと同じものが含まれています。ユーザー ID、特性 ID、セグメント ID など、イベント呼び出しで表されるあらゆるパラメーターが含まれます。

顧客データフィードを参照してください。


 

CRM ID

CRM ID は、お客様が自身の CRM システム内でユーザーを識別するための ID です。Audience Manager では、CRM ID ではなく DPUUID という用語を使用します。

Audience Manager の ID のインデックスの DPUUID を参照してください。


 

Customer Addressable Audience

アドレス可能オーディエンスでは、この指標は次のデバイスを表します。

  • ルックバック期間にルールベースの特性またはオンボードの特性に適合し、
    かつ
  • 同期の時間に関係なく、選択した宛先と ID が同期している。

 

Customer Attributes

Experience Cloud Core Services 製品ドキュメントの顧客属性を参照してください。


 

Customer Match Rate

Customer Addressable Audience ÷ Customer Total Audience を%で表現したもの。アドレス可能なオーディエンスを参照してください。


 

Customer Total Audience

アドレス可能なオーディエンスで、ルックバック期間に、御社のシステムにおけるルールベースの特性、またはオフラインファイルからのオンボードの特性に適合したデバイスの数。


 

demdex.net

Demdex.net は Adobe が管理しているレガシーのドメインです。Audience Manager の買収前の名前(Demdex)を表しています。Adobe は 2011 年に Demdex を買収し、Audience Manager というブランド名に変更しました。demdex.net への HTTP 呼び出しはすべて、Adobeに送信される呼び出しとなります。

Demdex ドメインの呼び出しについてを参照してください。


 

DAID

Device Advertising IDs は一意のデバイス ID で、モバイルデバイスの識別に使用されます。これらの ID はアドビではなく、デバイス製造元によって割り当てられます。Audience Manager は、iOS および Android デバイス ID をサポートしています。

Audience Manager の ID のインデックスを参照してください。


 

宛先

Audience Manager において、宛先とは、データを共有したいサードパーティシステム(広告サーバー、DSP、広告ネットワークなど)になります。UI 内の Destination Builder はこれらのデータ配信プロセスを作成および管理するためのツールです。Audience Manager の宛先に関する機能には、Audience Data > Destinations からアクセスできます。


 

DIL

Data Integration Libraryは、ユーザーインタラクションデータを収集するために Audience Manager で使用される API ライブラリです。詳しくは、データ統合ライブラリ(DIL)API を参照してください。


 

dpm

Data Provider Matchをインストールします。これにより、Audience Manager または ID サービスからの呼び出しで同期または ID リクエストのために顧客データが渡されていることが、Adobe の社内システムにわかります。Demdex ドメインの呼び出しについてを参照してください。

E-F

Experience Cloud ID (ECID)

以前は Marketing Cloud ID(MID または MCID)と呼ばれていたものです。この ID は Experience Cloud ID サービスの中心となるものです。サイト訪問者の永続的な一意の識別子です。Cookie と Adobe Experience Platform ID サービスを参照してください。


 

フォルダー特性

フォルダー分類における、特性の自動的なグループ化。階層内の各フォルダーで、セグメントを定義できる特性が自動的に作成されます。

詳しくは、フォルダー特性についてを参照してください。


 

頻度キャップ

広告主がエンドユーザーに対して所定のクリエイティブを表示できる回数の制限。Segment Builderでは、様々な方法で頻度キャップを設定できます。

詳しくは、最新性と頻度を参照してください。

G-H

GAID

Google 広告 ID。Android オペレーティングシステムを実行しているハードウェアデバイスに対して Google によって割り当てられる一意のデバイス ID です。Audience Manager の ID のインデックスを参照してください。


 

GUID

Globally Unique Identifier(グローバル一意識別子)の頭字語。Audience Manager では、GUID という用語は使用しません。GUID は Audience ManagerAudience Manager UUID と呼ばれます。Audience Manager の ID のインデックスを参照してください。

I-J

IDFA

広告主の識別子。Apple によって製品に割り当てられる一意のデバイス ID。Audience Manager の ID のインデックスを参照してください。


 

インバウンド

Audience Manager に対して他のソースからオーディエンスデータを送信できるプロセス。詳しくは、オーディエンスデータの送信を参照してください。


 

Integration Code

Audience Manager UI または API を使用して特性、セグメントまたはデータソースを作成する際に、オプションで統合コードを追加できます。統合コードは以下のように様々な目的に使用されます。

  • Traits:統合コードは、内部のビジネスプロセスで使用される ID や SKU などの値のフィールドとなります。オプションです。
  • Segments:統合コードは、ユーザー定義 ID などの会社固有の情報のフィールドとなります。オプションです。
  • Data Sources:統合コードは、クロスデバイスのデータソースを作成したり、Adobe Experience Platform ID サービスを使用したり、Profile Merge Rules を使用して作業する場合に必要となります。詳しくは、データソースの作成を参照してください。

K-L

Look-alike modeling

アルゴリズムモデリングを参照してください。

M-N

MCIDMID

Experience Cloud ID を参照してください。

O-P

PCS

Profile Cache Serverをインストールします。PCS は、Apache Cassandra 上で動作する大規模なデータベースです。サーバーからサーバーへのデータ転送および DCS から受信したアクティブユーザーのデータを格納します。PCS データは、デバイス ID、認証済みプロファイル ID、およびそれらに関連付けられた特性で構成されます。

データ収集コンポーネントを参照してください。


 

Profile Link

詳しくは、定義済みのプロファイルの結合ルールオプションを参照してください。


 

プロファイル結合ルール

Profile Merge Rulesを使用すると、Audience Manager がセグメント化に使用するデータのタイプを制御できます。

詳しくは、定義済みのプロファイルの結合ルールオプションを参照してください。

Q-R

適合

ある特性に適合するサイト訪問者のアクション。 訪問者プロファイルビューアツールを使用して特定のユーザーの特性への適合情報を取得できます。

S-T

セグメント

セグメント(またはオーディエンス)は、共通の属性を共有する一連のユーザーです。

詳しくは、セグメント:目的、構成およびルールを参照してください。


 

Segment Addressable Audience

アドレス可能なオーディエンスにおいて、レポートのルックバック期間中にセグメントに属しており、サイト上で ID 同期がアクティブとなっているユーザーの数。セグメントには、Audience Marketplace で取得した経由で、自社のファーストパーティデータと、セカンドパーティおよびサードパーティデータを含むことができます。


 

Segment Total Population

アドレス可能なオーディエンスでは、この指標はレポートのルックバック期間内にセグメントに属していたすべてのデバイスの数を表します。


 

Segment Match Rate

Segment Addressable Audience ÷ Total Segment Population の総数を%で表現したもの。アドレス可能なオーディエンスを参照してください。


 

シグナル

シグナルは Audience Manager で最小のデータ単位で、キー値ペアとして表現されます。

詳しくは、シグナル、特性およびセグメントを参照してください。


 

特性

特性は、1 つ以上のシグナルの組み合わせです。詳しくは、シグナル、特性およびセグメントを参照してください。


 

Trait Population

セグメントビルダーにおける特性およびセグメント母集団データを参照してください。

TTL (Time-to-Live)

TTL は、対象として認定された訪問者が特性にとどまる日数を定義します。TTL は、セグメントではなく、特性に対して設定されます。訪問者は、TTL 期間が終了するまでに対象となる特性が確認されない場合、セグメントから除外されます。詳しくは、セグメントと特性の有効期間についての説明を参照してください。


 

U-V

UUID

Audience Manager の一意のユーザー ID。Audience Manager の ID のインデックスを参照してください。


 

訪問者 ID

Experience Cloud ID サービス(旧称、訪問者 ID)は、Experience Cloud のすべてのソリューションにわたって訪問者を識別する、普遍的、永続的な ID を提供します。

Adobe Experience Platform ID サービスのドキュメントを参照してください。

W-X-Y-Z

このページ