トラッキングサーバーからレポートスイートレベルのサーバー側転送への移行

この記事とビデオでは、 Analytics データからAudience Managerへ report suite ではなくレベル tracking server レベル。

はじめに

Adobe Audience Manager AND Adobe Analyticsを使用している場合、 Analytics データをAudience Managerに送信します。 つまり、ページが 2 つのヒット (1 つは Analytics (1 つはAudience Manager)、 Analytics、および Analytics がそのデータをAudience Managerに転送します。

既にこれを実行していて、2017 年 10 月より前に有効にして実装している場合、サーバー側転送は Tracking Server:AdobeカスタマーケアまたはAdobeコンサルティングによって有効にされる必要がありました。 2017 年 10 月以降、サーバー側転送を自分で設定できるようになり、レポートスイートレベル(レポートスイートごとの転送)でおこなえるようになりました。 これには大きな利点がありますが、次に説明します。

Tracking server 転送

お使いの tracking server は、 Analytics データ、およびイメージリクエストと cookie が書き込まれるドメインも含まれます。 DTM またはで設定する必要があります。 Experience Platform Launchまたは AppMeasurement.js ファイルで、通常は次のようになります。サイトまたはビジネス名は「mysite」に置き換えられます。

s.trackingServer = "mysite.sc.omtrdc.net";

サーバー側転送が tracking server レベル、このに送信されるヒット tracking server (Experience CloudID サービスも有効な場合 ) は、Audience Managerに転送されます。 これは、AdobeカスタマーケアまたはAdobeコンサルティングが有効にする必要がありました。 また、 report suite 転送(以下で説明)

不明な場合は tracking server forwarding が有効になっている場合は、AdobeカスタマーケアまたはAdobeコンサルティングにお問い合わせください。お問い合わせいただければ、お知らせいたします。

Report-suite — レベルのサーバー側転送

に移行する最大のメリットの 1 つ report suite 転送 tracking server 転送は、Audience Managerを転送する機能である「Audience Analytics」を使用できるようになります segments Adobe Analyticsに戻ると、詳細なセグメント分析が可能です。 この優れた機能は、 tracking server 転送と未転送 report suite 転送中。 詳しくは、 ドキュメント.

重要なヒント

上のビデオで述べたように、次の report suites をAudience Managerに転送するには、AdobeカスタマーケアまたはAdobeコンサルティングに連絡し、 tracking server 転送中。 これを行うのは緊急ではありません。 tracking server 転送と report suite 転送では、ヒットが重複しません。 ただし、 report suite 転送中

もしあなたが出て行くなら tracking server 転送は、次のデータを転送するだけでなく、 report suites 転送は望まないが、将来、あなた(およびあなたの会社のすべての人)が tracking server 転送がオンの場合、特定の report suite. これは、レポートスイートレベルでこの機能がオンになっていないのに、 tracking server. その後、転送の理由を見つけ出し、予期しなかったAAMサーバーコールに対する支払いもお金と時間を無駄にします。 だから、無効にするのが良い考えです tracking server すべての report suites は、お客様のビジネスニーズに合わせて適切な方法で進めるように設定します。

このページ