Audience Managerサブドメインの識別方法

一部のExperience Cloud機能を実装する場合は、Audience Managerを知っておく必要があります Subdomain は、 client ID または Partner ID) をクリックします。 このビデオでは、この情報をAudience ManagerUI で取得できる 2 つの場所を示します。

終わりを渡す…

この短いビデオを見ずに飛び込んで見つけたい場合は、 Partner Subdomain UI の 2 か所:

  1. 既に rule-based 特性、クリック Get Trait URL
    Get Trait URL は、そのフォルダーの特性のリストで特性の横にあり、URL にはサブドメインが含まれます。
  2. もし Tools > Tags インターフェイスを開き、 Get code コンテナの場合、サブドメインは Akamai 行の終わりに向かっています。

これらのクイックリファレンスですばやく見つからない場合、ビデオは短時間のコミットメントです。 :)

重要

Adobe Experience Cloudの各顧客に割り当てられた数値 ID があります。これは、「PID」(パートナー ID)とも呼ばれます。 この記事とビデオで説明している ID ではありません。 代わりに、「パートナーサブドメイン」(パートナー ID とも呼ばれます)は通常、クライアント名のバージョンで、データの送信先のサーバーのサブドメインです。 例えば、会社が「Bob's Knobs」(すべてのもののドアノブ、もちろん、笑)の場合、パートナーサブドメインは「bobsknobs」であるのに対して、「PID」は「12345」のような値になる可能性が高くなります。 通常、PID を知る必要はありませんが、サブドメインを知っておく必要があるので、Audience Manager実装を設定できます。

このページ