サブドメインの識別Audience Manager

一部のExperience Cloud機能を実装する場合は、Audience ManagerSubdomainclient IDまたはPartner IDとも呼ばれます)を把握しておく必要があります。 このビデオでは、Audience ManagerUIでこの情報を取得できる2つの場所を示します。

終わりを言い渡す…

この短いビデオを見ずにジャンプして見つけたい場合は、UIの2か所でPartner Subdomainを見つけることができます。

  1. 既にrule-based traitを作成している場合は、「Get Trait URL」をクリックします。
    Get Trait URL がそのフォルダ trait ーのリストの traits 横にあり、URLにサブドメインが含まれます。
  2. Tools / Tags​インターフェイスに移動してコンテナの「Get code」をクリックすると、サブドメインはAkamai行の終わりに近づきます

これらのクイックリファレンスですばやく見つけられない場合、ビデオは短時間のコミットメントです。 :)

重要

Adobe Experience Cloudの各顧客に割り当てられる数値IDがあり、これは「PID」やパートナーIDとも呼ばれます。 この記事とビデオで説明しているIDではありません。 代わりに、「パートナーサブドメイン」(パートナーIDとも呼ばれます)は通常、クライアント名のバージョンで、データの送信先のサーバーのサブドメインになります。 例えば、会社が「Bob's Knobs」(もちろん、すべてのもののドアノブ)の場合、パートナーサブドメインは「bobsknobs」ですが、「PID」は「12345」のような値になる可能性が高くなります。 通常はPIDを知る必要はありませんが、サブドメインを知っておくことが重要です。そうすれば、Audience Manager実装を設定できます。

このページ