クロスデバイス対応データソースの作成と認証

ファーストパーティCRMデータをAudience Managerに取り込んで、顧客のターゲットを絞り込む場合は、まずクロスデバイスデータソースを作成して、CRMのIDとデータを保存する必要があります。 これにより、ログインのExperience Platform LaunchでsetCustomerIDs()メソッドを設定する方法が示されます。

このページ