setCustomerIDs()を使用した宣言済みIDとしての取り込みとハッシュPIIの使用

このビデオでは、Experience CloudIDサービスのsetCustomerIDs()メソッドを使用して電子メールアドレスを取り込み、ハッシュし、宣言済みIDとして使用する理由と方法を学びます。 これにより、CRM IDと電子メールアドレスが結び付けられるだけでなく、Adobe Audience ManagerのUUID(匿名デバイスID)とも同期されます。 これらのハッシュ化された電子メールアドレスは、People-Based Destinationsに送信できます。

詳しくは、ドキュメントを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free