Data Explorerを使用して、オンボードデータのTrait作成を検証する

Audience Manager の最も強力な機能の 1 つは、オフラインデータをオンボーディングし、オンラインデータと結び付ける機能です。このビデオでは、Data Explorerを使用して、このオンボードデータを活用するために必要なtraitsをすべて作成したことを検証する方法を説明します。

多くの場合、実際にデータをオンボーディングする前に、オンボーディングされたデータ用にtraitsを作成します。 ただし、新しいキーや値が途中で追加される可能性があり、この大きなデータを活用する必要があるtraitsのすべてが作成されなくなる可能性があります。 Data Explorerを使用すると、すべてのオンボードデータを簡単に検索し、特定のData Sourceでフィルターしたり、キーや値でフィルターしたりできます。 これにより、データを効率的に検証できます。

Data Explorerの詳細については、ドキュメントを参照してください。

このページ