SegmentレベルでのSecond PartyおよびThird PartyのAudience Marketplaceでのデータ使用状況のレポート

このビデオでは、Audience Marketplace UIのPayablesセクション内でのデータの使用状況のレポート方法を示します。 フィードレベルのレポートの既存のプロセスに加えて、月別のインプレッション数をsegmentレベルで送信できるようになりました。これにより、コスト配分でオフライン計算をおこなう必要がなくなりました。

このリリースでは、second partyおよびthird partyのデータ使用の柔軟性とワークフローが向上し、UIを使用してsegmentレベルでインプレッション数を報告したり、バルクアップロード機能を使用したりできます。

さらに、顧客がAudience Marketplaceからsecond partyまたはthird partyデータを購入すると、コスト配分ポリシーの改善のメリットが得られます。 この新しいポリシーでは、rule-based segmentのtraitsのユニークユーザー数に基づいてデータプロバイダーのコストを算出し、その結果、より透明性が高く、公平な使用状況に関する請求がおこなわれます。 請求アルゴリズムの詳細については、ドキュメントを参照してください。

CPMの使用状況の報告について詳しくは、ドキュメントを参照してください。

このページ