SegmentレベルのAudience MarketplaceでのレポートSecond PartyとThird Partyのデータ使用状況

このビデオでは、Audience Marketplace UIのPayablesセクション内にレポートデータの使用方法を示します。 フィードレベルのレポートの既存のプロセスに加えて、月別のインプレッション数をsegmentレベルで送信できるようになったので、コスト配分のオフライン計算を不要にします。

このリリースでは、second partyとthird partyのデータ使用に対して、より柔軟性と改善されたワークフローが提供され、UIを介してsegmentレベルのインプレッション数をレポートしたり、バルクアップロード機能を使用したりできます。

さらに、second partyまたはthird partyデータをAudience Marketplaceから購入したお客様は、コスト配分ポリシーを改善することでメリットが得られます。 この新しいポリシーは、rule-based segmentのtraitsの個別ユーザー数に基づいてデータプロバイダーのコストを考慮します。その結果、より透明性が高く、公平な使用量の請求が可能になります。 請求アルゴリズムの詳細については、ドキュメントを参照してください。

レポートCPMの使用に関する詳細は、ドキュメントを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free