でのセカンドパーティおよびサードパーティのデータ使用のレポート Audience Marketplace セグメントレベルで

このビデオでは、 Payables セクション Audience Marketplace UI フィードレベルのレポートの既存のプロセスに加えて、月別のインプレッション数をセグメントレベルで送信できるようになったので、コスト配分に対してオフラインで計算をおこなう必要がなくなりました。

このリリースでは、セカンドパーティおよびサードパーティのデータ使用の柔軟性とワークフローが向上し、UI を使用してセグメントレベルでインプレッション数をレポートしたり、一括アップロード機能を使用したりできます。

さらに、からセカンドパーティまたはサードパーティのデータを購入するお客様 Audience Marketplace のメリットは、コスト配分ポリシーの改善です。 この新しいポリシーは、ルールベースのセグメントでの特性のユニークユーザー数に基づいてデータプロバイダーにコストをかけるので、より透明性が高く、公平な使用量の請求が可能になります。 請求アルゴリズムの詳細については、 CPM データフィードのコスト配分 製品ドキュメント内。

CPM の使用状況のレポートについて詳しくは、 CPM の使用状況の報告方法 製品ドキュメント内。

このページ