Mobile Services の処理ルールの Adobe Analytics への移行

このドキュメントでは、Mobile Services UI で作成した追加の処理ルール(ライフサイクル指標を除く)を Adobe Analytics に移行する方法について説明します。

処理ルールは、コンテキストデータ変数の値を prop および eVar に移動するために使用されます。例えば、「検索語」コンテキストデータ変数の値をコマース変数 eVar の値に配置し、ヒットするたびにその値を上書きすることができます。 処理ルールがないと、Analytics にレポートが出力されないため、コンテキストデータ変数は無意味となります。

このドキュメントでは、Analysis Workspace でのモバイル使用レポートの実行方法についても説明します。

処理ルールの移行

処理ルールや使用レポート機能などの補完的な機能に Mobile Services を利用している場合は、Analytics UI(処理ルール UI または Analysis Workspace)にシームレスに移動して、これらの機能を実行できます。 ライフサイクル指標、または AA 処理ルール UI で設定されたルールの場合、移行をおこなう必要はありません。 ライフサイクル指標は、モバイル SDK が最初にアプリに実装されたときに自動的に収集される、「あらかじめ用意された」指標です。

ただし、Mobile Services UI(ライフサイクル指標を除く)で追加の処理ルールを設定した場合は、Mobile Services へのアクセス権を失った後に Analytics でその処理ルールを編集または削除できるように、それらの処理ルールを移行する必要があります。

  1. experience.adobe.com にログインし、Mobile Services に移動します。

  2. コンテキスト変数のマッピングを Adobe Analytics に移行するモバイルアプリの歯車アイコンをクリックします。

  3. 変数と指標を管理」メニュー項目をクリックし、「カスタム変数」タブをクリックします。 ここでは、設定に追加されたコンテキスト変数マッピング(コンテキストデータ)を確認できます。 これらの設定をメモします(またはスクリーンショットを撮ります)。 例:

    コンテキスト変数

  4. Experience Cloud で、Adobe Analytics に切り替え、Mobile Services で閲覧していたのと同じモバイルレポートスイートにいることを確認します。

  5. 管理者レポートスイート設定を編集一般処理ルール​に移動します。

  6. Add Rule」をクリックします。

  7. 条件を無視して、Mobile Services に存在するのと同じコンテキスト変数の追加に進みます。

    処理ルール

  8. 保存」をクリックします。

Analysis Workspace でのモバイル使用レポート

Analysis Workspace には、モバイル指標とディメンション(レポートスイートが Mobile Services に対して有効になっている場合)に加えて、分析を促進するモバイルプロジェクトテンプレートがいくつか用意されています。

  • メッセージング:アプリ内およびプッシュメッセージングのパフォーマンスに焦点を当てています。
  • ロケーション: ロケーションデータを表示するマップを含みます。
  • 主要指標:アプリの主要指標の状況を把握します。
  • アプリ使用状況:アプリのアプリユーザー数、起動数、初回起動数、および平均セッション時間を示します。
  • 獲得:モバイル獲得リンクのパフォーマンスを示します。
  • パフォーマンス:アプリはどのように実行され、どこでユーザーにとって問題であったかを示します。
  • リテンション:常連ユーザーは誰で、これらのユーザーが何をしたかを示します。
  • ジャーニー:アプリでの主要な使用パターンを示します。

以下に、モバイルアプリの使用テンプレートの抜粋を示します。

モバイルアプリの使用状況

テンプレートにアクセスするには:

  1. experience.adobe.com にログインし、「Analytics」を選択します。
  2. Mobile Services が有効になっているレポートスイートを開いていることを確認します。
  3. Workspace」タブをクリックします。
  4. 新規プロジェクトを作成」をクリックします。
  5. 任意のモバイルテンプレートを選択し、「作成」をクリックします。

他の Mobile Services 機能の移行

以下の Mobile Services 機能も Adobe Analytics と結び付けられていますが、購入済みのAdobe Analytics SKU が必要です。

  • 「ダウンロード計測用リンク」
  • プッシュメッセージ
  • アプリ内メッセージ
  • 目標地点管理

有料機能として Mobile Services を利用している場合、他の内部ツールおよび外部ツールへの実行可能な移行パスはありません。

  • 獲得リンクについては、お客様のニーズを満たすためにアドビパートナーにご案内する場合があります。
  • プッシュメッセージングおよびアプリ内メッセージングは、Adobe Campaign Standard と Adobe Campaign Classic で利用できます(プッシュのみ)。 ただし、ターゲティングに使用される基になるデータセットは異なります。 アドビアカウントチームと協力して、メッセージングデータの移行オプションを決定することをお勧めします。
  • ロケーション機能については、すべての AEP のお客様に無料で提供される新しい Adobe Experience Platform ロケーションサービスを採用することをお勧めします。

このページ