Adobe Analytics の低トラフィック値

レポートに多くのユニーク値がある場合、Adobeは最も重要な値を確実にレポートに表示する機能を提供します。 約500,000個の既存の値の後に収集された一意の変数値は、低トラフィック​という行項目の下に一覧表示されます。

低トラフィックの仕組み

  • 変数の一意の値が 1 ヶ月に 50 万件に達しない場合、レポートは影響を受けません。
  • ユニーク値が最初のしきい値である 50 万件に達すると、データが低トラフィックでグループ化されます。このしきい値を超える各値は、次のロジックを使用します。
    • 値がレポートに既に表示されている場合は、通常どおり、その値に追加します。
    • 値がレポートにまだ表示されていない場合は、低トラフィックの行項目に表示されます。 低トラフィックの行項目に含まれる値が短時間でかなりの回数見られた場合、開始は独自の行項目として認識されます。 項目を表示する必要がある回数は非常に多く、特定のレポートスイートのデータを処理する処理サーバーやデーモンの数など、依存関係が多くあります。
  • レポートスイートの一意の値が 100 万件に達した場合、より厳密なフィルタリングが適用されます。
    • 値がレポートに既に表示されている場合は、通常どおり、その値に追加します。
    • 値がレポートにまだ表示されていない場合は、低トラフィックの行項目に表示されます。 低トラフィックの行項目に含まれる値が短時間でかなりの回数見られた場合、開始は独自の行項目として認識されます。 項目を表示する必要がある回数は非常に多く、特定のレポートスイートのデータを処理する処理サーバーやデーモンの数など、依存関係が多くあります。

Adobeが低トラフィックの行項目から独自の行項目に項目を移動するのはなぜですか。 例えば、この移動によって、人気のある新しいページや、個別訪問者が超過した後にその月の後半に追加された新しい項目が認識され、多くのヒット/表示を受け取る場合があります。 この移動は、1日または1か月に特定の数のヒット/表示を取得するすべてのものを取得する目的ではありません。

一意の値のしきい値の変更

一意の値のしきい値は、デフォルトで 50 万件および 100 万件です。このしきい値は、変数単位で変更できます。この変更をリクエストするには、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。変更をリクエストする場合は、次の情報が必要です。

  • レポートスイート ID
  • しきい値を上げたい変数
  • 第 1 のしきい値と第 2 のしきい値

しきい値の変更は、レポートのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。アドビでは、変数の一意の値の増加をリクエストする場合、十分な検討のうえ適切な判断をおこなうことを強く推奨しています。

低トラフィックのしきい値は、Analytics UI に表示されません。既存のしきい値について詳しくは、貴社のサポート対象ユーザーの方を通じて、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

コンポーネントやその他の機能を使用した低トラフィック

低トラフィック値の処理方法は、機能に応じて異なります。

  • Data Warehouse:​データウェアハウスレポートの一意の値の数に制限はありません。独自のアーキテクチャにより、任意の数の一意の値をレポートに追加できます。
    • 一部のシナリオでは、低トラフィック値が表示される場合があります。例としては、リスト var、リスト prop、マーチャンダイジング eVar、マーケティングチャネルの詳細ディメンションなどがあります。
  • セグメント化:​セグメント条件に一意の値の数が多い変数が含まれている場合、低トラフィックで取り込まれた値は含まれません。
  • 分類:​分類レポートには、一意の値の数に制限があります。分類の親変数の値が低トラフィックの下に含まれる場合、値は分類されません。
    • インポーターを通じて取得された低トラフィックの分類値は、Data Warehouseで表示できます。
    • ルールビルダー​で取得した低トラフィック分類の値は、Data Warehouseでは表示できません。

このページ