イベントの影響を受けたデータの取得

イベント🔗の影響を受けたデータがある場合、計算指標を使用して、イベント期間中の予測値を抽出できます。 例えば、25%のデータ低下を引き起こすイベントがあった場合、それを計算指標の乗数として使用できます。

これらの手順は、セグメント化と日付比較の両方の観点から、イベントの影響を理解する場合に最も効果的です。 イベントの影響を受けた日付を前の範囲分析の特定の日付を除外してから、このページに移動してください。

メモ

このアプローチは、特定の入力と日付範囲のセットに基づく予測です。 すべての使用事例やデータスライスに対する包括的なソリューションとはなりません。 さらに、この方法では、計算元として、影響を受ける日付範囲に少なくとも1つのヒットが含まれている必要があります。

影響を受ける期間の予測計算指標を作成するには:

  1. 「影響を受ける日」と「影響を受ける日を除外する」の2つのセグメントを作成します。詳しくは、分析内の特定の日付を除外するを参照してください。

  2. コンポーネント > 計算指標​に移動します。

  3. 追加」をクリックします。

  4. 上記のセグメントの両方を定義キャンバスにドラッグします。 演算子を+に変更して合計します。

  5. 両方追加のセグメント内の目的の指標。 例えば、「訪問回数」指標を使用できます。

    セグメントビルダー

  6. 「影響を受ける日」コンテナの右上にある追加​​をクリックし、「静的な数値」をクリックします。 「イベントの影響を受ける日付と前の範囲を比較」の説明に従い、静的な数値をデータのオフセット率に設定します。 この例では、オフセットは25%(1.25)です。

    静的な数値

  7. トレンドのフリーフォームテーブルに「修正済み」指標を並べて適用します。 イベント外のすべての日は、その標準の指標数を反映しますが、影響を受けるすべての日は、乗数のオフセットを使用します。

    修正指標

  8. 線のビジュアライゼーションにデータを表示して、修正した指標の効果を確認します。

    修正行

このページ