データソースを使用した有料検索指標のインポート

多くのマーケティング組織にとって、有料検索は、新規顧客にリーチしつつ既存顧客を維持するための最も有益で信頼性の高い方法の 1 つです。Adobe Analytics のデータソース機能を使用すると、Google AdWords などのデジタル広告プラットフォームから高度な有料検索データを簡単にインポートできます。そのデータを、オンサイト行動データや顧客属性データと共に、他のマーケティングデータと統合して、組織の有料検索の取り組みに対するより優れたインサイトを得ることができます。

次の手順では、AdWords との統合を設定して、キーワードデータとともに、インプレッション数、クリック数、クリック単価などの指標をインポートする方法を示します。

次の手順では、クリック課金データの 1 回限りのインポートを設定する方法を説明します。ただし、データソースでは、ここで説明するファイル形式を使用してデータを継続的にインポートすることができます。使用する有料検索プラットフォームによっては、定期的なエクスポート(日次、月次など)をスケジュールしたり、エクスポートを Adobe Analytics に必要なファイル形式に変換するための自動プロセスを設定したり、これらのファイルを Adobe Analytics にアップロードして有料検索統合レポートを作成したりできる場合があります。

前提条件

  • 有料検索検知を実装しました。
  • トラッキングコードデータをキャプチャしています。
  • 広告グループごとに一意のトラッキングコードがあります。

成功イベントの設定

最初の手順は、指標を受け取るための Adobe Analytics の準備です。それには、いくつかの成功イベントを設定する必要があります。

成功イベントとは、追跡できるアクションです。成功イベントはお客様によって定義されます。有料検索指標を追跡するためには、クリック数、インプレッション数、合計コストを中心に成功イベントを設定し、トラッキングコードを有効にします。

  1. Adobe Analytics/管理者/レポートスイート​に移動します。

  2. レポートスイートを選択します。

  3. 設定を編集/コンバージョン/成功イベント​をクリックします。

    成功イベント

  4. 「カスタム成功イベント」で、「新規追加」を使用して、クリック数(カウンター)、インプレッション数(カウンター)、合計コスト(通貨)の 3 つのカスタム成功イベントを作成します。

    新しい成功イベント

  5. 「保存」をクリックします。
    保存が承認されたことを示すメッセージが表示されます。

  6. 管理者/レポートスイート/設定を編集/コンバージョン/コンバージョン変数​に移動します。

  7. キャンペーン/キャンペーン変数​の下の​トラッキングコード​の横にあるチェックボックスをオンにして、トラッキングコードを有効にします。

    キャンペーン変数

データソースの設定

データソースを使用すると、クリックストリーム以外のデータを Adobe Analytics と共有できます。この場合は、Adobe Analytics を使用して有料検索指標を追跡します。トラッキングコードをキーとして使用し、有料検索指標と Adobe Analytics 指標の 2 つのデータを結び付けます。

  1. Adobe Analytics/管理者/すべての管理者/データソース​に移動します。

  2. 作成」タブを選択し、新しいデータソースのアクティブ化を開始します。

  3. カテゴリの選択​で、「広告キャンペーン」を選択します。

    データソース

  4. タイプの選択​で、「汎用ペイパークリックサービス」を選択します。

  5. アクティブにする」をクリックします。データソース有効化ウィザードが次のように表示されます。

    有効化ウィザード

  6. 次へ」をクリックして、データソースに名前を付けます。この名前は、データソースマネージャーに表示されます。

  7. サービス使用許諾契約に同意し、「次へ」をクリックします。

  8. 「インプレッション数」、「クリック数」および「合計コスト」の 3 つの標準指標を選択し、「次へ」をクリックします。

  9. 次に、この新しいデータソースを成功イベントの設定で作成したカスタムイベントに「マッピング」します。

    マッピング

  10. データディメンションの選択
    「トラッキングコード」の横にあるチェックボックスをオンにし、「次へ」をクリックします。

  11. データディメンションのマッピング
    インポートしたデータディメンション(属性)を、保存先の Adobe Analytics 属性にマッピングします。これは、標準ディメンションまたは eVar の場合があります。「次へ」をクリックすると、結果のマッピングが概要に表示されます。

    概要

  12. 保存」をクリックします。

  13. ダウンロード」をクリックして、このデータソースのテンプレートファイルをダウンロードします。
    ファイル名は、最初に指定したデータソースのタイプに対応します。この場合は、「Generic Pay-Per-Click Service template.txt」となります。

  14. お気に入りのテキストエディターでテンプレートを開きます。
    ファイルには、指標とディメンションとそのマッピングが既に入力されています。

PPC データのエクスポートと Analytics へのアップロード

これらと同様の手順は、Google AdWords、MSN、Yahoo およびその他の PPC アカウントに対して機能します。

データのエクスポート

  1. PPC アカウントにログインし、新しいレポートまたはエクスポートを作成します。
    日付、宛先 URL(ランディングページ)、インプレッション、クリック数およびコストのフィールドがエクスポートに含まれていることを確認します。エクスポートにはその他のフィールドを含めることができますが、次の手順で削除します。
  2. 可能であれば、レポートを .csv またはタブ区切りファイルとして保存します。これにより、次の手順での作業が簡単になります。
  3. ファイルを Microsoft Excel で開きます。

Microsoft Excel でのファイルの編集

  1. Microsoft Excel で、上記以外の列をすべて削除します。
  2. 上部にある余分な行を削除します。
  3. トラッキングコードを宛先 URL から分離するには:
    a. すべての列からデータをコピーして貼り付けます。
    b. 「データ/テキストから列へ」をクリックします。
    c. ウィザードの手順 1 で、「区切り」が選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。
    d. ウィザードの手順 2 で、URL の作成方法(?または &)に応じて区切り文字を指定し、「次へ」をクリックします。
    e. ウィザードの手順 3 で、データをプレビューし、列の 1 つが「trackingcodename=trackingcode」であることを確認します。変数を追加する場合は、(& を区切り文字として使用して)これらの手順を繰り返します。
    f. トラッキングコード、インプレッション数、クリック数およびコストを除くすべての列を削除します。「日付」という新しい列を追加し、日付 :: トラッキングコード :: インプレッション数 :: クリック数 :: コストの順序で列を整理します。
  4. 上記の「データソースの設定」節でダウンロードしたテンプレートに、このデータを追加します。
    これで、ファイルをアップロードする準備が整いました。

FTP を使用した Adobe Analytics へのファイルのアップロード

データソースウィザードに戻って手順を確認し、FTP を使用してファイルをアップロードします。

アップロード FTP

計算指標の作成

計算指標の追加は、クリック課金の決定を行う際に役立ちます。

例えば、次の計算指標を追加できます。

名前 数式 指標タイプ 説明
1 訪問あたりのページビュー数 ページビュー数/訪問回数 数値 サイトレベルで適用されるとき:訪問あたりの平均ページ数はどれだけかが表示されます。最頻訪問ページレポート内で適用されるとき:1 回の訪問で特定のページが表示される平均回数が表示されます。
平均注文額 売上高/注文件数 通貨 注文あたりの平均売上高が表示されます。
訪問あたりの売上高 売上高/訪問 通貨 訪問あたりの平均売上高が表示されます。
クリックスルー率(CTR) クリック数/インプレッション数 数値 オンライン広告または電子メールマーケティングキャンペーンのインプレッション数に対するクリック数の割合を測定します。
利益 売上高 - コスト 通貨 キャンペーンの売上高からコストを引いた値を表示します。
インプレッションあたりの利益(PPI) (売上高 - コスト)/インプレッション数 通貨 広告が表示されるたびに生み出されてきた売上高とコストのバランスを表示します。
広告費用対効果(ROAS) 売上高/広告費用 通貨 (ROI)対応する広告に費やした 1 ドルあたりの獲得金額を表します。

レポートの設定と実行

最後の手順は、データソース指標と計算指標をトラッキングコードレポートに追加し、キャンペーンにドリルダウンして各広告グループのパフォーマンスをすぐに確認することです。

  1. Adobe Analytics/レポート​で、データソースのインポート先のレポートスイートを選択します。
  2. レポート/キャンペーン/トラッキングコード/トラッキングコード​に移動します。
  3. 日付範囲を選択します。
  4. 指標/追加​をクリックし、標準指標のリストからデータソース指標(クリック数、インプレッション数、合計コスト)を追加します。
  5. 既に追加してある計算指標に対しても同じ操作を行います。指標を追加すると、レポートが更新されます。

このページ