Adobe Analytics 用 Responsys Data Connector

重要

2021年中旬から後半にかけて、Adobe Data Connectorテクノロジーの提供終了を予定しています。 詳細情報…

Adobe Analytics は、Responsys Interact を使用する電子メールマーケティング担当者に対して、新しいターゲティングの機会を多数提供します。Adobe Analytics(旧称 SiteCatalyst)が特定した動的マーケティングセグメントに対して、関連性の高い電子メールメッセージをタイムリーに配信すれば、見込み客と現在の顧客の両方でコンバージョンと売上高を増やすことができます。

例えば、特定の製品を表示した訪問者や買い物かごを放棄した訪問者に電子メールでインセンティブを送信し、サイトに戻って購入を完了するよう促すことができます。Reports & Analytics と Responsys Interact を緊密に統合することで、これらのリマーケティングキャンペーンの自動化、正確なターゲティング、クローズドループレポートが可能になります。これにより、E メールマーケティングの効率と Web サイトのコンバージョン率が向上し、全体的な ROI を計測できるようになります。

主なメリット

Adobe Analytics と Responsys の統合の主なメリットを示します。

  • 電子メールマーケティングデータと分析データを 1 つのレポートインターフェイスに統合します。
  • 売上高やサイトの成功へのコンバージョンや貢献度によって電子メールキャンペーンを最適化します。
  • 買い物かごの放棄、製品購入、製品表示、現在および過去のデータ(アクティブ化の最大 90 日前まで)に基づいて、主要訪問者やマーケティングセグメントへのリマーケティングをおこないます。

統合の前提条件

Adobe Analytics および Responsys のお客様の前提条件を示します。

アドビのお客様の前提条件

  • Adobe Analytics を現在ご利用中のお客様である。
  • 管理者権限が必要です。
  • レポートスイート内で 2 つの eVar が使用可能かつ有効である。
  • レポートスイート内で使用可能な数値イベント 6 つを有効にする。

Responsys 顧客の前提条件

  • Responsys を現在ご利用中のお客様である。
  • Interact Connect for Adobe Analytics を購入済みである。

このページ