統合のデプロイ

3 段階のデプロイメントプロセスについて説明します。

この統合のデプロイは、以下の操作を必要とする簡単なプロセスです。

統合ウィザードの完了

統合ウィザードを使用する手順です。

統合をアクティブ化するには、Data Connectors インターフェイス内で Lyris 統合ウィザードを完了する必要があります。

  1. Adobe Experience Cloud 内の Data Connectors(旧称 Genesis)領域に移動します。

  2. 統合を追加」の「Lyris HQ」で、「アクティブ化」をクリックします。

  3. 一般設定」で目的のレポートスイートを選択し、統合の名前を指定します。

  4. カスタム値」で、Lyris アカウント関連の情報をすべて入力します。

  5. ドロップダウンメニューから適切な予約済み eVar およびイベントを選択します。

  6. 自動化された 3 つの Partner セグメントの他に「セグメント」で自分のセグメントを選択することもできます。

  7. この統合では、いくつかのデータポイントを Lyris アカウントにダウンロードする必要が出る場合があります。「アクセス要求」で、このアクセス権を付与することもできます。

  8. データ収集」で、自動または手動のソリューション(JavaScript プラグイン)を選択し、ランディングページの URL からクエリー文字列パラメーターを収集します。自動ソリューションを選択する場合は、「メッセージ ID」と「受信者 ID」にクエリー文字列パラメーターを入力します。JavaScript プラグインについては、アドビコンサルタントにお問い合わせください。

  9. Lyris ダッシュボードとブックマークを自動的に生成することもできます。

  10. 統合の概要を確認し、「アクティブ化」をクリックします。

Lyris EmailLabs 内の設定

ウィザードの完了後に Lyris 内で設定する内容を説明する手順。

  1. 統合ウィザードを完了したら、Lyris Professional チームと協力して Lyris HQ アカウントとの統合を完了し、テストを容易に行う必要があります。

  2. URL クエリー文字列パラメーターの追加:ユーザーインターフェイスの「組織設定」領域に、URL 付加文字列が正しく入力されていることを確認します。キャンペーンレベル ID(hq_m)と受信者レベル ID(hq_v)を含める必要があります。

    文字列 ID の例:

    hq_lid=149&hq_m=96843&hq_l=23&hq_v=7703a51905
    
    メモ

    Lyris のネイティブ分析ツールを適用する場合は、「トラックをクリック」をクリックして、追加する必要な変数すべてにタグ付けします。

統合の確認

Lyris/Adobe Analytics の統合が成功したことを確認する手順です。

すべてのデプロイメント手順が完了したら、統合によってデータが正常に転送されていることを検証できます。

メモ

データ交換が始まるまでに数日かかります。統合をアクティブ化した後で、Lyris に連絡するようにしてください。

  1. Data Connectors 内で Lyris 統合に移動します。「サポート」タブ/統合アクティビティログ​に、「指標データは正常にインポートされました」や「分類データは正常にインポートされました」などのイベントが表示されます。

  2. 適切な指標を使用して、Lyris メッセージレポートを表示します。Adobe Experience Cloud で、「Reports & Analytics」を選択します。

  3. 適切なレポートスイートを選択します。

  4. カスタムコンバージョン」で、「メッセージ ID レポート」、「メッセージ ID / メッセージ名」の順に選択します。

クエリー文字列パラメータープラグインコード

Adobe Analytics で使用する Lyris プラグインコードを表示します。

メモ

以下のコードを操作する前に、必要な eVar を Adobe Analytics の管理ツールで予約するようにしてください。予約した eVar を特定したら、eVarN を関連する eVar に置き換えます。例:eVar10

/* 
  * Plugin: getQueryParam 2.3 
  */ 
s.getQueryParam=new Function("p","d","u","" 
+"var s=this,v='',i,t;d=d?d:'';u=u?u:(s.pageURL?s.pageURL:s.wd.locati" 
+"on);if(u=='f')u=s.gtfs().location;while(p){i=p.indexOf(',');i=i<0?p" 
+".length:i;t=s.p_gpv(p.substring(0,i),u+'');if(t){t=t.indexOf('#')>-" 
+"1?t.substring(0,t.indexOf('#')):t;}if(t)v+=v?d+t:t;p=p.substring(i=" 
+"=p.length?i:i+1)}return v"); 
s.p_gpv=new Function("k","u","" 
+"var s=this,v='',i=u.indexOf('?'),q;if(k&&i>-1){q=u.substring(i+1);v" 
+"=s.pt(q,'&','p_gvf',k)}return v"); 
s.p_gvf=new Function("t","k","" 
+"if(t){var s=this,i=t.indexOf('='),p=i<0?t:t.substring(0,i),v=i<0?'T" 
+"rue':t.substring(i+1);if(p.toLowerCase()==k.toLowerCase())return s." 
+"epa(v)}return ''"); 
 
/*in the s_doPlugins function - Replace N with actual eVar number*/ 
s.eVarN=s.getQueryParam("<insert Lyris QS Param>");  
//places query param value from Message ID in eVarN variable s.eVarN=s.getQueryParam("<insert Lyris QS Param>");  
//places query param value from Recepient ID in eVarN variable 

このページ