データソースマネージャー

データソースの作成および管理を行い、レポートスイートでのデータソースの使用状況を表示します。

Analytics管理者データソース

「作成」タブ

「作成」タブでは、現在選択されているレポートスイートに対して新しいデータソースを設定できます。データソースをアクティブにすると、データソースウィザードによってデータソーステンプレートを作成する処理が進められ、データをアップロードするための FTP の場所が作成されます。

「作成」タブでの選択内容により、作成されるテンプレートの初期設定のフィールドが決まります。詳しくは、インポートファイルテンプレートの作成を参照してください。

「管理」タブ

オプション

説明

処理の再開

エラーや警告が原因で停止していたデータソースの処理を再開します。次のエラーが発生するまで処理は続行されます。データソースは、「エラー時に処理を中断する」が選択された場合にのみ、データソースファイルの処理を停止します。

処理の完了

データソースファイル内で開いている訪問をすべて閉じるよう指示し、データソースファイルの処理が完了したかのように処理を終了します。複数のデータソースファイルにまたがる訪問がある場合に便利です。これはフル処理にのみ適用されます。

非アクティブ化

非アクティブ化したデータソースは削除されます。サーバー上で処理を開始しているファイルがある場合、その処理は完了するまで続行されます。処理が開始されていないファイルの処理は行われません。

エラー時に処理を中断する/警告時に処理を中断する

エラーの発生時に処理を停止するよう、データソース処理エンジンに指示します。「処理の再開」を選択するまで、データソースの処理は再開しません。警告時に処理を中断するオプションは、フル処理にのみ適用されます。

ファイルエラーが検出されると、データソースによってエラーが通知されます。エラーのあるデータソースファイルは、FTP サーバー上の files_with_errors というフォルダーに移動されます。問題を解決した後、処理を実行するためにデータソースファイルを再送信してください。

設定

データソーステンプレートなど、このデータソースに固有の設定を変更できます。

FTP 情報

このデータソースの FTP 情報を表示します。この情報を使用してデータソーステンプレートにアクセスし、データソースのデータを送信します。

ファイル名

アップロードされたファイルの名前

ステータス

ファイルの現在のステータス。可能なステータス値は次のとおりです。

  • 待機中(手順 1/3):ファイルは存在しますが、処理が開始されていません。ファイルが 30 分以内に表示されない場合は、関連する .fin ファイルが存在することを確認してください。
  • 準備(手順 2/3):ファイルはエラーや警告の確認中です。
  • 処理(手順 3/3):ファイルは処理中です。
  • 失敗:エラーにより、ファイルは処理されませんでした。
  • 成功:ファイルは処理が完了しました。

「ファイルログ」タブ

ファイルログには検索機能があり、データソース名、データソースタイプ、ファイル名、受信日、ステータスによって情報を検索できます。

このページ