Adobe プラグイン:websiteBot

重要

このプラグインはアドビコンサルティングによって提供されており、Adobe Analytics からより多くの価値を引き出すのに役立ちます。アドビカスタマーケアは、インストールやトラブルシューティングを含め、このプラグインに対するサポートをおこないません。このプラグインに関するヘルプが必要な場合は、貴社のアカウントマネージャーにお問い合わせになって、担当コンサルタントとのミーティングを手配してもらってください。

websiteBot プラグインを使用すると、デスクトップ訪問者がボットかどうかを動的に識別できます。 このデータを使用すると、あらゆる種類のレポートの精度を高め、合法なサイトトラフィックの測定を改善することができます。

このプラグインでは、次の 2 つのチェックを実行します。

  • まず、デスクトップデバイスの場合は、マウスの動きに関するイベントリスナーを追加します。
  • 次に、navigator.UserAgent変数を使用して、デバイスがデスクトップかモバイルデバイスかを判断します。 モバイルデバイスは無視されます。

ユーザーエージェントがデスクトップ上にあり、マウスの動きが検出されない場合は、プラグインで

  • (Adobe Experience Platform Launchの) 直接呼び出しルールを呼び出すか、
  • 訪問者がボットでないことを示すためにs.tl呼び出しをおこないます。

前提条件

アドビでは、このプラグインを使用する前に次の点を推奨します。

  • eVar 設定の指定:レポートスイート設定の「 コンバージョン 変数」で eVar を設定します。有効期限を「なし」または「訪問」に設定し、「元の値(最初)」​に割り当てます。 このeVarは、次の両方の状況で設定する必要があります。直接呼び出しルールまたはs.tl呼び出しが実行されたとき。
  • 別の変数でのユーザーエージェントの収集:別の変数にユーザーエージェント文字列を収集して、このプラグインの有効性を監視します。このデータを収集するには、すべてのヒットで eVar を navigator.UserAgent に設定します。

Launch カスタムコードエディターを使用したプラグインのインストール

  1. 新しいwebsiteBotルールを追加します。

  2. Mouse Move Listener​イベントをwebsiteBotルールに追加します。このルールには、次のカスタムコードが含まれます。

    trigger(document.addEventListener('mousemove', function detectMouseMove() {   
     document.removeEventListener('mousemove', detectMouseMove, false);   
     if (!
       /(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|
       ip(hone|od)|ipad|iris|kindle|Android|Silk|lge |maemo|midp|mmp|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|
       phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|
       windows (ce|phone)|xda|xiino/i
          .test(navigator.userAgent) ||
       /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|
       amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|
       bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|
       da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|
       ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|
       hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|
       i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|
       kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|
       m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| 
       |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|
       on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|
       phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|
       qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|
       se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|
       sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|
       to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|
       vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|
       x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i
       .test(navigator.userAgent.substr(0, 4))) {       
       _satellite.track('websiteBot')
          }
       }))
    
  3. websiteBotを識別子として使用してAnalyticsビーコンを実行する直接呼び出しルールを追加します。 この例では、s.tl呼び出しを使用します。

    websiteBot識別子

  4. 「 Adobe Analytics - Set Variables & Adobe Analytics - Send Beacon 」アクションをダイレクト型ルールで実行します。 これをおこなう方法の1つを次の例に示します。

    ビーコン送信アクション

AppMeasurement を使用したプラグインのインストール

Analytics トラッキングオブジェクトをインスタンス化(s_gi を使用)した後、AppMeasurement ファイルの任意の場所に次のコードをコピーして貼り付けます。実装時のコードのコメントとバージョン番号を記録しておくと、アドビが潜在的な問題のトラブルシューティングをおこなう際に役立ちます。

/******************************************* BEGIN CODE TO DEPLOY *******************************************/
/* Adobe Consulting Plugin: websiteBot BETA v0.12 */
/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od)|ipad|iris|kindle|Android|Silk|lge |maemo|midp|mmp|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows (ce|phone)|xda|xiino/i.test(navigator.userAgent)&&!/1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i.test(navigator.userAgent.substr(0,4))||document.addEventListener("mousemove",function e(){document.removeEventListener("mousemove",e,!1),s.tl(!0,"o","Not a bot")});
/******************************************** END CODE TO DEPLOY ********************************************/

プラグインの使用

websiteBotプラグインは、ボット以外のトラフィックが検出されると、s.tl呼び出しを実行します。

// Set eVar1 to detect bots. Dimension items in reporting are "true" or "false"
s.eVar1 = websiteBot;

// Use a ternary operator to set eVar values
s.eVar1 = websiteBot ? "Bot detected" : "Not a bot";

バージョン履歴

0.1(2021 年 1 月 19 日(PT))

  • ベータリリース

0.11(2021年6月4日)

  • AppMeasurementプラグインコードの更新
  • Launchの節を更新し、説明を拡張しました。
  • 「プラグインの使用」節を更新しました。

このページ