アドビプラグイン:inList

重要

このプラグインはアドビコンサルティングによって提供されており、Adobe Analytics からより多くの価値を引き出すのに役立ちます。アドビカスタマーケアは、インストールやトラブルシューティングを含め、このプラグインに対するサポートをおこないません。このプラグインに関するヘルプが必要な場合は、貴社のアカウントマネージャーにお問い合わせになって、担当コンサルタントとのミーティングを手配してもらってください。

inList プラグインを使用すると、区切り文字列または JavaScript 配列オブジェクト内に値が既に存在するかどうかを確認できます。その他のプラグインの中には、inListプラグインの動作が依存するものもあります。このプラグインは、部分文字列と一致しない JavaScript indexOf() メソッドよりも明確な利点を提供します。例えば、このプラグインを使用して "event2" のチェックをおこなった場合、"event25" を含む文字列とは一致しません。区切り文字付きの文字列や配列の値を確認する必要がない場合や、独自の indexOf() ロジックを使用する場合は、このプラグインは不要です。

カスタムコードエディターを使用したプラグインのインストール

プラグイン拡張機能を使用しない場合は、カスタムコードエディターを使用できます。

  1. にログインします。 Adobe Experience Platform Data Collection Adobe ID 資格情報を使用して、
  2. 目的のプロパティをクリックします。
  3. 「拡張機能」タブに移動し、Adobe Analytics 拡張機能の下にある「設定」ボタンをクリックします。
  4. 「カスタムコードを使用してトラッキングを設定」アコーディオンを展開すると、「エディターを開く」ボタンが表示されます。
  5. カスタムコードエディターを開き、下に示すプラグインコードを編集ウィンドウに貼り付けます。
  6. 変更を保存し、Analytics 拡張機能に公開します。

AppMeasurement を使用したプラグインのインストール

Analytics トラッキングオブジェクトをインスタンス化(s_gi を使用)した後、AppMeasurement ファイルの任意の場所に次のコードをコピーして貼り付けます。実装時のコードのコメントとバージョン番号を記録しておくと、アドビが潜在的な問題のトラブルシューティングをおこなう際に役立ちます。

/******************************************* BEGIN CODE TO DEPLOY *******************************************/
/* Adobe Consulting Plugin: inList v3.0 */
function inList(lv,vtc,d,cc){var b=lv,e=vtc,c=d,f=cc;if("-v"===b)return{plugin:"inList",version:"3.0"};a:{if("undefined"!==typeof window.s_c_il){var a=0;for(var d;a<window.s_c_il.length;a++)if(d=window.s_c_il[a],d._c&&"s_c"===d._c){a=d;break a}}a=void 0}"undefined"!==typeof a&&(a.contextData.inList="3.0");if("string"!==typeof e)return!1;if("string"===typeof b)b=b.split(c||",");else if("object"!==typeof b)return!1;c=0;for(a=b.length;c<a;c++)if(1==f&&e===b[c]||e.toLowerCase()===b[c].toLowerCase())return!0;return!1};
/******************************************** END CODE TO DEPLOY ********************************************/

プラグインの使用

inList 関数は、入力に応じてブール値を返します。 次の引数を使用します。

  • lv(必須、文字列または配列):検索する値の区切りリストまたは JavaScript 配列オブジェクトです。
  • vtc(必須、文字列):検索する値です。
  • d(オプション、文字列):lv 引数内の個々の値を区切るために使用する区切り文字です。設定されていない場合は、デフォルトでコンマ(,)が使用されます。
  • cc(オプション、ブール値):true または 1 に設定した場合、チェックでは大文字と小文字が区別されます。false に設定するか省略すると、チェックでは大文字と小文字が区別されません。デフォルト値は false です。

この関数を呼び出すと、一致が見つかった場合は true、見つからなかった場合は false が返されます。

// Returns true
s.events = "event22,event24";
if(inList(s.events,"event22")) {
    // Code will execute
}

// Returns false because event2 is not an exact match in the string
s.events = "event22,event24";
if(inList(s.events,"event2")) {
    // Code will not execute
}

// Returns true because of the NOT operator
s.events = "event22,event24";
if(!inList(s.events,"event23")) {
    // Code will execute
}

// Returns false because of the case-sensitive check
s.events = "event22,event23";
if(inList(s.events,"EVenT23","",true)) {
    // Code will not execute
}

// Returns false because of a mismatched delimiter, treating "events,eVar1" as a single value
s.linkTrackVars = "events,eVar1";
if(inList(s.linkTrackVars,"eVar1","|")) {
    // Code will not execute
}

バージョン履歴

3.0 (2021 年 3 月 19 日(PT))

  • コンテキストデータとしてバージョン番号を追加しました。

V2.1(2019 年 9 月 26 日(PT))

  • cc 引数をブール値にしないオプションを追加しました。例えば、1 は有効なケースチェック値です。

V2.0(2018 年 4 月 17 日(PT))

  • ポイントリリース(再コンパイル、コードサイズの縮小)。

V1.01(2017 年 9 月 27 日(PT))

  • コードを最適化してサイズを縮小しました。

v1.0(2009)

  • 初回リリース。

このページ