transactionID

transactionID 変数はトランザクションを一意に識別し、ヒットがデータソースを介してアップロードされたデータに結び付けられるようにします。この変数は、他のチャネルのデータを使用し、AppMeasurement で収集したデータにリンクする場合に役立ちます。

メモ

この変数を使用する前に、レポートスイートでトランザクション ID ストレージが有効になっていることを確認してください。詳しくは、『管理者ユーザガイド』の「一般的なアカウント設定」を参照してください。

transactionID でヒットを設定すると、その時点で設定または持続するすべての Analytics 変数の「スナップショット」が作成されます。一致するトランザクション ID を持つデータソースを通じてアップロードされたデータは、これらの変数値に永続的に結び付けられます。

デフォルトでは、すべてのトランザクション ID の値(リンクおよびリンク解除)は、最大 90 日間記憶されます。オフラインのインタラクションプロセスが 90 日を超える場合は、カスタマーケアにご連絡いただき、限度を延長してください。

Adobe Experience Platform Launch のトランザクション ID

トランザクション ID は、Analytics 拡張機能の設定時(グローバル変数)またはルールで設定できます。

  1. Adobe ID の資格情報を使用して launch.adobe.com にログインします。
  2. 目的のプロパティをクリックします。
  3. 「ルール」タブに移動し、目的のルールをクリックします(またはルールを作成します)。
  4. 「アクション」で、既存の「Adobe Analytics - 変数を設定」アクションをクリックするか、「+」アイコンをクリックします。
  5. 「拡張機能」ドロップダウンを「Adobe Analytics」に設定し、「アクションタイプ」を「変数を設定」に設定します。
  6. 「トランザクション ID」セクションを探します。

トランザクション ID は、データ要素を含む任意の文字列値に設定できます。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの s.transactionID

s.transactionID 変数は、トランザクションの一意の識別子を含む文字列です。有効な値には、100 バイトまでの英数字が含まれます。デフォルト値は空の文字列です。

s.transactionID = "ABC123";

1 回のヒットに対して複数のトランザクション ID がある場合は、それぞれをコンマで区切ることができます。100 バイトの上限は複数のトランザクション ID に対しても適用されます。

s.transactionID = "ABC123,XYZ456";
メモ

この変数を使用して複数のオフラインチャネルを統合する場合は、異なるチャネルがトランザクション ID と重ならないようにしてください。例えば、コールセンターのトランザクション ID の値が 1234 で販売リードのトランザクション ID の値が 1234 である場合、これらが競合し、予期しない結果を引き起こす可能性があります。トランザクション ID には、オフラインチャネルごとに一意の形式が含まれていることを確認し、必要に応じてそれらを区別します。例えば、データソースと AppMeasurement の両方で、コールセンターのトランザクション ID を call_1234 に設定し、販売リードのトランザクション ID を lead_1234 に設定します。

このページ