s_objectID

s_objectID 変数はリンクの一意の識別子を提供します。これは、Activity Map のレポートをより正確にするために使用します。頻繁に変更されるリンクがページ上にある場合は、s_objectID 変数を使用して一意のリンクの場所を Activity Map に知らせ、必要に応じてデータを正しくグループ化できます。

Activity Map の精度が組織にとって重要な場合は、サイト上のリンクの onClick イベントに s_objectID 変数を含めることをお勧めします。詳しくは、『Analyze ユーザーガイド』の Activity Map リンクトラッキングの使用例を参照してください。

Adobe Experience Platform Launch のオブジェクト ID

Launch にはこの変数を使用するための専用のフィールドはありません。AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの s_objectID

s_objectID はグローバル変数で、Analytics トラッキングオブジェクトとは独立して動作します(デフォルトで s)。この変数の有効な値は、100 バイトまでの任意の文字列です。この変数を定義していない場合、Activity Map はリンク URL をリンクの識別子として使用します。

この変数は、通常、HTML リンクの onClick イベントで設定されます。

<a href="https://example.com" onClick="s_objectID='Example identifier';">Example link</a>
メモ

JavaScript ステートメントを終了するセミコロンは必ず含めてください。Activity Map が機能するには、セミコロンが必要です。

使用例

s_objectID 変数は、Activity Map レポートの精度を高めたい場合に役立ちます。

高度に動的なコンテンツからのリンクの集計

ニュースサイトや頻繁にアイテムを回転させる小売サイトなど、非常に動的なコンテンツを持つサイトもあります。Activity Map ではデフォルトでリンク URL を識別子として使用するので、リンクが頻繁に変更されるページで最もクリックされる領域を理解するのは困難です。これらのリンク内で s_objectID を使用する場合、Activity Map は、参照先の URL に関係なく、集計できるリンクを認識します。

<a href="story1.html" onClick="s_objectID='Top left link';">Story 1</a>
<a href="story2.html" onClick="s_objectID='Top center link';">Story 2</a>
<a href="story3.html" onClick="s_objectID='Top right link';">Story 3</a>

リンクが指す場所や、これらのリンクを変更する頻度に関係なく、Activity Map は、s_objectID の値に基づいてデータを集計します。

ページ上でリンクを別々に維持する

一部のサイトには、異なる場所の同じ場所を指すリンクがあります。例えば、サイトのヘッダーとフッターの両方にあるホームページへのリンクを指定します。これらのリンクは同じ URL なので、Activity Map はそのデータを集計します。s_objectID 変数を使用して区切ることができます。

<a href="index.html" onClick="s_objectID='Header home link';">Example link in Header</a>
<a href="index.html" onClick="s_objectID='Footer home link';">Example link in Footer</a>

リンクが同じ URL を指している場合でも、Activity Map は s_objectID 変数を使用して、レポートでリンクを正しく区別できます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now