動的変数

動的変数を使用すると、イメージリクエストの長さを増やすことなく、変数間で値をコピーできます。複数の変数で同じデータを取り込む場合に便利です。

以前のバージョンの Analytics では、データが切り捨てられるのを防ぐために、イメージリクエストの長さが重要でした。AppMeasurement の改善により、イメージリクエストのクエリー文字列を大幅に長くすることができるので、通常、動的変数は不要です。

動的変数は、イメージリクエスト内のクエリー文字列パラメーターまたは HTTP ヘッダーをサポートします。参照可能なパラメーターの完全なリストについては、データ収集クエリーパラメーターを参照してください。参照可能な HTTP 要求フィールドの完全なリストについては、Wikipedia の Standard request fields(英語)を参照してください。

動的変数のプレフィックスが認識されると、レポートスイートのクエリー文字列または HTTP ヘッダー値が自動的にコピーされます。このアクションは、処理ルールや VISTA ルールなど、他の処理の前に発生します。

ヒント

変数をコピーする際は、文字制限の最大値に注意してください。例えば、eVar1prop1 にコピーする場合、100 バイトの上限(eVar1 の上限は 255 バイト)があるので、prop1 に切り捨てられた値が含まれる可能性があります。

Adobe Experience Platform Launch の動的変数

動的変数は、文字列を受け取る任意のディメンションフィールドで使用できます。ディメンションこう項目は、通常、Analytics 拡張機能の設定時(グローバル変数)またはルールで設定されます。

  1. Adobe ID の資格情報を使用して launch.adobe.com にログインします。
  2. 目的のプロパティをクリックします。
  3. 「ルール」タブに移動し、目的のルールをクリックします(またはルールを作成します)。
  4. 「アクション」で、既存の「Adobe Analytics - 変数を設定」アクションをクリックするか、「+」アイコンをクリックします。
  5. 「拡張機能」ドロップダウンを「Adobe Analytics」に設定し、「アクションタイプ」を「変数を設定」に設定します。
  6. 目的のディメンション項目を見つけます。

テキストフィールドに動的変数のプレフィックスを配置し、参照するクエリー文字列パラメーターまたは HTTP ヘッダーを指定します。デフォルトでは、動的変数のプレフィックスは D= です。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの動的変数

動的変数は、他の変数に割り当てられるテキスト文字列です。動的変数のデフォルトのプレフィックスは D= です。動的変数では大文字と小文字が区別されます。

// Copy eVar1 into eVar2. The query string parameter of eVar1 is v1.
s.eVar1 = "Example value";
s.eVar2 = "D=v1";

// Take the user agent string found in the image request HTTP header and place it in eVar1.
s.eVar1 = "D=User-Agent";

// Copy the page URL and place it in eVar1. The query string parameter of page URL is g.
s.eVar1 = "D=g";
メモ

動的変数は、実装のデバッグ時に文字列として表示されます。値は、アドビのデータ収集サーバーによってサーバー側でコピーされます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now