contextData

コンテキストデータ変数を使用すると、処理ルールで読み取ることのできる各ページにカスタム変数を定義できます。コード内の Analytics 変数に値を明示的に割り当てる代わりに、コンテキストデータ変数でデータを送信できます。次に、処理ルールは、コンテキストデータ変数の値を取得し、それぞれの Analytics 変数に渡します。『管理ユーザガイド』の「処理ルール」を参照してください。

コンテキストデータ変数は、開発チームが番号付き変数ではなく名前付きの要素でデータを収集する場合に役立ちます。例えば、開発チームにページの作成者の eVar10 への割り当てをリクエストする代わりに、s.contextData["author"] への割り当てをリクエストすることができます。その後、組織の Analytics 管理者は、コンテキストデータ変数をレポート用の Analytics 変数にマップする処理ルールを作成できます。開発チームは、最終的に、アドビが提供する多くのページ変数ではなく、コンテキストデータ変数についてのみ懸念することになります。

Adobe Experience Platform Launch のコンテキストデータ変数

Launch には、コンテキストデータ変数を設定するための専用の場所がありません。AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの s.contextData

s.contextData 変数は値を直接取りません。代わりに、この変数のプロパティを文字列に設定します。

// Assign the example_variable property a value
s.contextData["example_variable"] = "Example value";
  • 有効なコンテキストデータ変数には、英数字、アンダースコアおよびピリオドのみが含まれます。ハイフンなどの他の文字を含める場合、処理ルールでのデータ収集は保証されません。
  • コンテキストデータ変数を "a." で開始しないでください。このプレフィックスはアドビが予約して使用します。例えば、s.contextData["a.InstallEvent"] を使用しないでください。
  • コンテキストデータ変数では、大文字と小文字が区別されません。s.contextData["example"] 変数と s.contextData["EXAMPLE"] 変数は同じです。

処理ルールを使用した Analytics 変数の入力

重要

コンテキストデータ変数は、処理ルールの実行後に破棄されます。変数に値を配置する処理ルールがアクティブでない場合、そのデータは永久的に失われます。

  1. コンテキストデータ変数の名前と値を設定するには、実装を更新します。
  2. Adobe Analytics にログインし、管理者/レポートスイートに移動します。
  3. 適切なレポートスイートを選択し、設定を編集/一般/処理ルールに移動します。
  4. Analytics 変数をコンテキストデータ変数値に設定する処理ルールを作成します。
  5. 変更を保存します。

処理ルールは、保存するとすぐに有効になります。履歴データには適用されません。

リンクトラッキングコールでのコンテキストデータの送信

コンテキストデータ変数を contextData のプロパティとして s.linkTrackVars に含めます。

s.contextData["example_variable"] = "Example value";
s.linkTrackVars = "contextData.example_variable";
s.tl(true,"o","Example context data link");

コンテキストデータ変数を使用したイベントの増分

処理ルールを作成する際に、コンテキストデータ変数をイベントに割り当てることができます。

  • コンテキストデータ変数に任意の種類のテキストが含まれている場合、イベント値は 1 ずつ増分されます。
  • コンテキストデータ変数に整数が含まれる場合、イベントはその整数分だけ増加します。
// Assigning this context data variable to an event increments it by one
s.contextData["example_text"] = "Text value";

// Assigning this context data variable to an event increments it by four
s.contextData["example_number"] = "4";

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now