dynamicVariablePrefix

最終更新日: 2024-01-26
  • トピック:
  • Variables
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    Developer

動的変数は、変数間で値をコピーできる簡単な概念です。動的変数はイメージリクエストの URL の長さを短くするのに役立つため、変数の値が長い場合に役立ちます。この概念について詳しくは、動的変数を参照してください。

デフォルトでは、動的変数は D= プレフィックスを使用します。dynamicVariablePrefix 変数を使用すると、動的変数を識別する文字列をカスタマイズできます。大文字と小文字が区別されます。

Web SDK を使用した動的変数のプレフィックス

Web SDK では、動的な変数形式設定を使用しません。 代わりに、データストリームマッピングを使用して、単一のソースフィールドを使用して複数のターゲットフィールドにデータを入力できます。 詳しくは、 Web SDK を使用した動的変数 を参照してください。

Adobe Analytics拡張機能を使用した動的変数プレフィックス

「動的変数プレフィックス」は、Adobe Analytics 拡張機能の設定時に「グローバル変数」アコーディオンの下にあるフィールドです。

  1. Adobe ID 資格情報を使用して、Adobe Experience Platform Data Collection にログインします。
  2. 目的のタグプロパティをクリックします。
  3. 「拡張機能」タブに移動し、「Adobe Analytics」の下にある「設定」ボタンをクリックします。
  4. 「グローバル変数」アコーディオンを展開すると、「動的変数のプレフィックス」フィールドが表示されます。

このフィールドにはデフォルトで D= 値が含まれています。別の動的変数のプレフィックスを使用する場合は、値を変更できます。サイト上の文字エンコーディングと一致する限り、任意の値を使用できます。

AppMeasurementと Analytics 拡張機能のカスタムコードエディターの s.dynamicVariablePrefix

s.dynamicVariablePrefix 変数は、任意の文字シーケンスを含む文字列です。この変数を定義しない場合、AppMeasurement はデフォルトで文字列 D= を使用します。

// An example that changes the dynamic variable prefix
s.dynamicVariablePrefix="..";

// This eVar uses the above customized dynamic variable prefix to set eVar to page URL
s.eVar1="..g";

このページ