DTM 実装の概要

Dynamic Tag Management を使用すると、タグを管理し、デジタルマーケティングシステム全体でデータを収集および配布できます。Dynamic Tag Management では、単一のデータ層で複数のソースのデータをプッシュできます。それぞれの顧客に適したコンテンツを提供することもできます。

この節では、Dynamic Tag Management を利用して Adobe Analytics を導入する方法について説明します。Dynamic Tag Management について詳しくは、Dynamic Tag Management 製品ドキュメントを参照してください。DTM へのアクセス方法と、DTM の利用を開始する際の一般的なタスクについては、Dynamic Tag Management 製品ドキュメントのはじめにを参照してください。

Dynamic Tag Management による導入手順について詳しくは、Adobe Analytics 使用の手引きの Dynamic Tag Management を使用した Adobe Analytics の導入を参照してください。

導入手順の概要

このガイドでは、DTM を使用して Analytics を導入する際の次の手順について説明します。

  1. Web プロパティを作成する。

  2. ホスティングオプションを設定する。

  3. 各管理対象ページにヘッダーおよびフッターコードを追加する。

  4. Adobe Analytics ツールを追加する。

  5. データ要素ルールと条件アクションを作成します。

  6. 実稼動サーバーにツールおよびルールを発行する。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free