Adobe Analytics ツールの追加

Dynamic Tag Management を使用して Adobe Analytics をデプロイするには、Adobe Analytics ツールを作成し、自動または手動でページコードを設定します。ほとんどの場合は、自動的な導入方法をお勧めします。

メモ

訪問者のトラッキング機能を強化するには、ID サービスを有効にすることを強くお勧めします。

Adobe Analytics ツールの追加

  1. [!UICONTROL Web Property Name]​概要​​ツールの追加​/** Adobe Analytics ** をクリックします。

  2. 以下のフィールドを設定します。

要素 説明

ツールタイプ

Adobe Analytics」などのツールの種類。

ツール名

このツールのわかりやすい名前。この名前は、「インストールされているツール」の「概要」タブに表示されます。

設定方法

自動(推奨):Dynamic Tag Management を使用して設定を管理します。この方法では、Experience Cloud ログインまたは Web サービスの ID を使用して、Adobe Analytics レポートスイートの自動的な同期を有効にし、AppMeasurement コードを管理できます。

アカウントが接続されると、Adobe Analytics レポートスイート ID と名前が取得され、ツール設定インターフェイスに入力されます。したがってユーザーのミスが発生しにくく、ツールのデプロイメントを迅速に実行できます。

注意:Adobe Analytics Premium をお使いの場合は、「自動」オプションを選択する必要があります。

自動設定に特有のフィールドに設定を入力します。

  • Experience Cloud:(デフォルト)Experience Cloud のシングルサインオンを使用します。お使いの Experience Cloud ID とパスワードを入力してください。

  • Web サービス:Web サービスのユーザー名と共有暗号鍵を指定します。

    共有暗号鍵資格情報は、管理カンパニー設定Web サービスにあります。

    Web サービス資格情報の取得については、開発者向けの企業 API への Web サービスアクセスの取得を参照してください。

手動:AppMeasurement コードを手作業で管理します。AnalyticsAppMeasurement コードは、管理ツールコードマネージャーからダウンロードできます。

JavaScript(新規)」をクリックして、コードをローカル環境にコピーし、「ライブラリ管理」の「コードを編集」フィールドに貼り付けます。

手動設定に特有のフィールドに設定を入力します。

  • 実稼動アカウント ID:(必須)データ収集用の実稼動アカウント。Analytics の場合はレポートスイート ID になります。Dynamic Tag Management は、実稼動およびステージング環境に適したアカウントを自動的にインストールします。

  • ステージングアカウント ID:(必須)開発環境またはテスト環境で使用するアカウント。Analytics の場合はレポートスイート ID になります。ステージングアカウントには、実稼動用データとは別個のテストデータが保持されます。

  • トラッキングサーバー:使用するトラッキングサーバーの情報を指定します。

    トラッキングサーバー」および「SSL トラッキングサーバー」変数は、画像リクエストや Cookie の書き込み先ドメインを指定するファーストパーティ Cookie 実装のために使用されます。詳しくは、trackingServer および trackingServerSecure 変数の適切な設定を参照してください。

  • SSL トラッキングサーバー:使用する SSL トラッキングサーバーの情報を指定します。

  1. ツールを作成」をクリックしてツールを作成し、編集用に表示します。

    ツールは、「インストールされているツール」の「概要」タブに表示されます。

  2. (場合によって手順が異なる)下のリンク先に記載された手順に従って、必要に応じたツール設定作業を進めます(一般、ライブラリ管理、グローバル変数、ページビューおよびコンテンツ、リンクトラッキング、リファラーおよびキャンペーン、Cookie、ページコードをカスタマイズ)。

Adobe Analytics ツールに関するよくある質問を参照してください。

既存の Adobe Analytics ツールの編集

既存の Adobe Analytics ツールは、編集することで設定を変更できます。

  1. 「 概要」タブで、インストールされているツールの横にある アイコンをクリックします。

  2. 必要に応じてフィールドを編集します。

    上で説明した Analytics ツール作成時に使用できる要素との差分のみを次の表に示します。両方の表に記載したとおり、ページ内の要素はすべて変更を加えることができます。

要素 説明

自動設定を有効にする

注:この設定を有効にすると、手動で設定した実装が、「設定メソッド」で説明した自動設定メソッドに代わります。

このオプションを選択すると、Dynamic Tag Management によって Adobe Analytics アカウントの設定が自動取得されます。

利用可能な最新の AppMeasurement コードが使用され、新しいバージョンが提供されるとアップグレード通知が表示されて選択可能になります。互換性などの必要に応じて、古い AppMeasurement バージョンに戻すこともできます。最大で 5 つの古いバージョンが表示されます。

資格情報を更新

ユーザーに関連付けられたレポートスイートを更新する目的などのために、API を最新の状態に更新します。

  1. (場合によって手順が異なる)下のリンク先に記載された手順に従って、必要に応じたツール設定作業を進めます(一般、ライブラリ管理、グローバル変数、ページビューおよびコンテンツ、リンクトラッキング、リファラーおよびキャンペーン、Cookie、ページコードをカスタマイズ)。
  2. 変更を保存」をクリックします。

このページ