Adobe Experience Platform のタグを使用した実装

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Adobe Analytics が発表されて以来、アドビでは、データ収集用にサイトにコードを実装する様々な方法を提供してきました。アドビが現在推奨するのは、Adobe Experience Platform のタグを介した方法です。

Adobe Experience Platform のタグは、他のタグ要件と共に Analytics コードを導入できるタグ管理ソリューションです。アドビは他のソリューションや製品との統合を提供し、カスタムコードの導入に対応します。これらのタスクはすべて、組織の開発チームに依存せずに実行できるので、自らサイト上のコードを更新できます。

有効な Adobe Experience Cloud 契約を締結しているすべてのお客様は、タグを使用できます。Launch にアクセスできるかどうかがわからない場合は、組織の Experience Cloud システム管理者にお問い合わせください。

ワークフロー全体

タグを使用して実装を実行するには、次の手順に従います。

  1. タグへのアクセス権を取得:Platform のタグへのアクセス権は、組織のシステム管理者から取得できます。
  2. タグプロパティを作成:プロパティは、タグ管理データを参照するために使用される包括的なコンテナです。
  3. 開発環境にデプロイ:タグの開発を繰り返し実行できる環境を構築します。
  4. 検証して実稼動環境に公開:すべてが機能していることを確認し、公開します。

開始するには、Analytics タグプロパティの作成を参照してください。

その他のリソース

タグは高度にカスタマイズできます。実装に適切なデータを含めることで Adobe Analytics を最大限に活用する方法について説明します。

  • タグドキュメント:インターフェイスの仕組みと使用可能な拡張機能について説明します。
  • Adobe Analytics 拡張機能:Analytics 拡張機能を使用して、Adobe Analytics にデータを送信します。
  • 実装変数:データ収集サーバーに送信する変数を決定します。

このページ