JavaScript 版 AppMeasurement

JavaScript 版 AppMeasurement は、これまで Adobe Analytics を実装する一般的な方法でした。ただし、Tag Management システムの人気が高まっており、Adobe Experience Platform のタグ の使用がお勧めです。

JavaScript を使用したアドビへのデータ送信のワークフロー全体

  1. AppMeasurement.js ファイルを読み込みます。このファイルには、アドビへのデータの送信に必要なライブラリが含まれています。

    <script src="AppMeasurement.js"></script>
    
  2. AppMeasurement.js で設定変数を定義します。Analytics オブジェクトがインスタンス化されるとき、これらの変数はデータ収集の設定が正しいことを確認します。定義できる変数の完全なリストについては、設定変数を参照してください。

    // Instantiate the Analytics tracking object with report suite ID
    var s_account = "examplersid";
    var s=s_gi(s_account);
    // Make sure data is sent to the correct location
    s.trackingServer = "example.data.adobedc.net";
    
  3. サイトのページコード内でページレベルの変数を定義します。これらの変数は、アドビに送信される特定のディメンションと指標を決定します。定義できる変数の完全なリストについては、ページ変数を参照してください。

    s.pageName = "Example page";
    s.eVar1 = "Example eVar";
    s.events = "event1";
    
  4. すべてのページレベル変数が定義されたら、t() メソッドを使用してデータをアドビに送信します。詳しくは、t を参照してください。

    s.t();
    

このページ