H コード JavaScript 実装の概要

重要

このバージョンのデータ収集はサポートされなくなりました。Adobe Experience Platform Launch または JavaScript 版 AppMeasurement にアップグレードします。

データを収集するコードを含むページを正しく実装するには、ホストサーバーにアクセスできる必要があります。以下の手順で、Analytics の基本的な H コード実装方法を説明します。

メモ

これらの手順に従うには、s_code.js のコピーが既存する必要があります。アドビでは、Code Manager で H コードをダウンロードするオプションを提供しなくなりました。

  1. コア JS ファイル変数の更新s_code.js ファイルを編集し、次の変数が更新されていることを確認します。

    • s_account には、データの送信先のレポートスイート ID が含まれます。詳しくは、
    • s.trackingServer には、Cookie が保存されている場所が含まれます。trackingServer を参照してください。
  2. サイトで s_code.js ファイルをホストします:このファイルは、通常、Web サーバー上で他のスクリプトと共に存在します。

  3. すべてのページで s_code.js を参照します:すべての個々のページでコア JavaScript ファイルが呼び出されていることを確認します。呼び出しは、HTML <body> タグ内(<head> タグではなく)で実行します。

    ヒント

    H コードでは、s_code.js スクリプトを <body> タグ内で呼び出す必要があります。他のほとんどの実装方法ではスクリプト参照は <head> タグ内に必要となりますが、この実装方法は異なります。

  4. 各ページでページ固有の変数を定義します:各ページには、ページ名や eVar など、個々の変数を定義する必要があります。個々の変数は、通常、各ページのインライン <script> タグで定義されます。

  5. デバッガーを使用して、データ収集を検証しますExperience Cloud デバッガーをダウンロードしてインストールし、データがアドビに送信され、ページ変数が正しく定義されていることを確認します。

キャッシュ

JavaScript ファイルは訪問者のブラウザーでの初回の読み込み後にキャッシュされます。通常、JavaScript ファイルは 1 回のセッションで 2 回以上ダウンロードされることはありません。このファイルがサイトの各ページで使用されている場合でも、ページごとにダウンロードされることはありません。ほとんどの Web サイトでは、ユーザーは通常 1 回のセッションで複数のページを表示するので、何度も使用される JavaScript コードをこのファイルに記述しておくと、全体でダウンロードされるデータ量を削減できます。

H コード圧縮

s_code.js ファイルのダウンロードサイズが問題となる場合は、GZIP を使用して s_code.js ファイルを圧縮することをお勧めします。GZIP はすべての主要ブラウザーでサポートされ、JavaScript 圧縮よりも高いパフォーマンスを提供します。Apache ドキュメントで Apache Module mod_deflate を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now