Analytic での Adobe Experience Platform Edge データの使用

Adobe Experience Platform(AEP)Web SDK を使用して、データを Adobe Analytics に送信できます。これを機能させるには、Experience Data Model(XDM)を Analytics で使用される形式に変換します。

Analytics は、次の 2 つの方法で XDM データを収集します。

  • XDM スキーマからの自動マッピング
  • コンテキストデータへの手動マッピング

自動マッピング

自動マッピングは、XDM のデフォルトの スキーマ に依存しており、通常の Analytics データ収集に含まれる JSON オブジェクトが自動的に入力されます。XDM から設定したレポートスイートへと自動的にマッピングされる Analytic 変数には、開発者向けサポートを組み込む必要はありません。Platform Web SDK ユーザガイドの Analytics で自動的にマッピングされる変数 を参照してください。

手動マッピング

XDM データを Analytics に手動でマッピングする場合は、Analytics のコンテキストデータ変数が必要です。これらの変数は、該当するスキーマに対応する JSON オブジェクトに配置されます。通常は、開発チームが実装時にコンテキストデータを追加し、管理者が処理ルールを設定して、そのデータを指定したレポートスイートに適用します。

セットアップ

XDM データを受信する Analytics を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Adobe Experience Platform Web SDK をインストールして設定します。

  2. 該当するレポートスイートが目的のデータにマッピングされていることを確認します。XDM データは、Adobe Experience Platform から自動的にレポートスイートへ送られます。

このページ