データフィードの特殊文字

アドビでは、データ収集サーバーに送信される値の破損や、否定的なデータフィードファイルを防ぐために、エスケープロジックを使用します。hit_data.tsv では、次の文字が、次の目的でアドビによって予約されています。

任意の列の特殊文字

文字 説明
\t タブを表します。列またはデータフィールドの終わりにマークを付けます。
\n 改行を表します。行またはヒットの終わりを示します。
\ バックスラッシュ。データ収集の一部として送信する際に文字をエスケープします。

これらの予約値の前にバックスラッシュが付いている場合、それらはデータ収集の一部として送信されたものです。

文字 説明
\\t データ収集中に値「\t」が送信され、アドビによってエスケープされました。
\\n データ収集中に値「\n」が送信され、アドビによってエスケープされました。
\\ データ収集中に値「\」が送信され、アドビによってエスケープされました。

例えば、サイトの訪問者が内部検索を使用し、「search\nstring」を検索するとします。eVar1 に「search\nstring」と入力し、その値をアドビに送信します。アドビはこのヒットを受け取り、文字列に含まれる改行をエスケープします。生データに配置される実際の値は「search\nstring」です。

複数値の変数(events_list、products_list、mvvars)内の特殊文字

次の文字は、複数の値を含む列において特別な意味を持ちます。

文字 説明
, コンマ。個々の値の終わりを表します。製品文字列、イベント ID またはその他の値を区切ります。
; セミコロン。product_list の個々の値の終わりを表します。1 つの製品文字列内でフィールドを区切ります。
= 等号。product_list 内のイベントに値を割り当てます。
^ キャレット。データ収集の一部として送信する際に文字をエスケープします。

これらの予約値の前にキャレットが付いている場合、それらはデータ収集の一部として送信されたものです。

文字 説明
^, データ収集中に値「,」が送信され、アドビによってエスケープされました。
^; データ収集中に値「;」が送信され、アドビによってエスケープされました。
^= データ収集中に値「=」が送信され、アドビによってエスケープされました。
^^ データ収集中に値「^」が送信され、アドビによってエスケープされました。

このページ