仮想レポートスイートのワークフロー

仮想レポートスイートの実装を計画するために必要な手順の概要です。

仮想レポートスイートの戦略を策定します。

戦略を決定する際は、グローバル/マルチスイートタギングの考慮事項とよくある質問を確認してください。

親レポートスイートに 1 つまたは複数のセグメントを適用して仮想レポートスイートを作成します。

仮想レポートスイートは、仮想レポートスイートマネージャー(コンポーネント/仮想レポートスイート)で作成します。

仮想レポートスイートは一度作成すると UI 全体でベースレポートスイートと同様に扱われ、通常、ほとんどの拡張機能をサポートします。例えば、仮想レポートスイートは、レポートスイートセレクターに表示され、他のベースレポートスイートと同様に、個別に選択することができます。

レポートスイートについての情報を表示するには、レポートスイート名の横にある情報アイコンをクリックします。

仮想レポートスイートのグループ権限を設定します。

仮想レポートスイートの作成時にグループ権限を追加できます。

グループ権限は以下の 2 つの方法で編集できます。

  • 仮想レポートスイートマネージャーで仮想レポートスイートを編集します。
  • 管理者/ユーザー管理/グループに移動し、仮想レポートスイートに対して権限を持つグループを選択して、「編集」をクリックします。

データをセグメント表示できるよう、プロジェクトまたはレポートを開いて仮想レポートスイートを選択します。

仮想レポートスイートを管理します。

仮想レポートスイートマネージャーでは、仮想レポートスイートの編集、追加、タグ付け、削除、名前の変更、承認、コピー、エクスポートおよびフィルターを実行できます。仮想レポートスイートマネージャーは管理者以外には表示されません。

このページ