仮想レポートスイートコンポーネントのキュレーション

仮想レポートスイートをキュレートして、Analysis Workspace で利用可能なコンポーネントを限定できます。

メモ

キュレーションされた Workspace プロジェクトおよびキュレーションされた仮想レポートスイート(VRS)で、管理者および非管理者が表示できるコンポーネントに対して変更が加えられました。以前は、「すべてのコンポーネントを表示」ボタンをクリックすることで、誰でもキュレーションされていないコンポーネントを表示できました。更新されたキュレーション機能により、どのコンポーネントを表示できるかをより詳細に制御できます。

コンポーネントのキュレーションを有効にするには、次の手順に従います。

  1. Analyticsコンポーネント仮想レポートスイート新しい仮想レポートスイートを作成​に移動します。

  2. 設定​を定義したら、「コンポーネント」タブをクリックします。

  3. 仮想レポートスイートのコンポーネントのカスタマイズを有効にする」チェックボックスをオンにします。

    メモ

    コンポーネントのカスタマイズが有効になっている場合、仮想レポートスイートは Analysis Workspace からのみ​アクセスでき、次の場所からはアクセスできません。

    • Reports & Analytics
    • Data Warehouse
    • Report Builder
    • Activity Map
    • Analytics レポート API

    このチェックボックスを選択した後は、「除外されたコンポーネント」列から「含まれるコンポーネント」列にコンポーネントをドラッグすることで、任意のコンポーネントを仮想レポートスイートに追加できます。仮想レポートスイートに含めるかどうかを選択できるコンポーネントは次のとおりです。

    • ディメンション
    • 指標
    • セグメント
    • 日付範囲
    メモ

    キュレートされたコンポーネント(セグメント、計算指標、日付範囲)を​共有​する必要はありません。共有されていなくても、仮想レポートスイート用にキュレートされている場合は、Analysis Workspace で常に表示されます。

  4. コンポーネントにフィルターを適用するかコンポーネントの検索を実行して「すべてを追加」をクリックすると、選択されたすべてのコンポーネントが「含む」列に追加されます。

コンポーネントの名前の変更

仮想レポートスイートに含まれるコンポーネントの表示名はレポートスイートごとに固有の名前に変更できます。例えば、仮想レポートスイートに「ページ名」を含めるときに、モバイルのコンテキストに応じてコンポーネント名に変更する必要がある場合は、この名前を「アプリ画面」などに変更できます。新しい名前はこの仮想レポートスイートが使用されるたびに Analysis Workspace に表示されます。

Analysis Workspace でコンポーネント名の横にある情報アイコンをクリックすると、変更前のコンポーネント名が表示されます。

コンポーネントグループ

仮想レポートスイートに一括でコンポーネントを追加するには、コンポーネントグループを使用します。例えば、モバイルアプリ分析で使用するデフォルトのコンポーネントセットをインポートするには、モバイルアプリグループを選択します。対応する一連のディメンションと指標が(既に名前が変更された状態で)自動的に仮想レポートスイートの「含む」リストに追加されます。

Workspace の動作

Analysis Workspace のキュレーションについて詳しくは、プロジェクトのキュレーションおよび共有を参照してください。

このページ