仮想レポートスイートの概要

仮想レポートスイートを使用すると、Adobe Analytics データをセグメントに分割して、各セグメントへのアクセスを制御できます。

多くのお客様は、データをグローバルレポートスイートに渡しているだけでなく、より小さなレポートスイートにも渡しています。このとき、変数を複数のレポートスイートに設定して、データを複数のレポートスイートに送信しています。これは、マルチスイートタギング​または​ベース/親レポートスイート​と呼ばれます。

例えば、すべてのデータを 1 つのレポートスイートに収集した後でセカンダリレポートスイートを設定して、社内の他のユーザーが(すべてのデータではなく)一部のデータにアクセスできるように設定できます。データが地域別に分割されている場合や、異なる国に対して異なる Web サイトが用意されている場合があります。他の例として、大企業に特定のブランドがあり、そのそれぞれに独自のマーケティングチームがあるケースが挙げられます。

仮想レポートスイート(VRS)を使用すると、複数のレポートスイートの代わりにセグメントを使用してこの分岐概念を再現できます。データは、1 つのレポートスイートに送信された後、セグメントに従って分割されます。複数のブランドの例では、品目が属するブランドごとに prop を設定します。セグメントを使用して、各 prop に割り当てられている品目をレポートできます。これらのセグメントのそれぞれが独自のビューになり、新しいレポートスイートが効果的に作成されます。データの送信先は、特定のセグメントではなく、グローバルレポートスイートのみです。これで、レポート内で異なるレポートスイートであるかのように機能します。

仮想レポートスイートは、eVar 設定、処理ルール、分類など、ベースレポートスイートのサービスレベルのほとんどを継承します。次の設定は継承されません。

  • レポートスイート ID(RSID)
  • レポートスイート名
  • 権限グループ(独自の権限グループに仮想レポートスイートを割り当て可能)

仮想レポートスイートの利点

お客様は、セカンダリサーバーコールについて課金されます。したがって、これらのコールを削減することで大幅な節約を実現できます。また、仮想レポートスイートは完全に遡及的です。グローバルレポートスイートに既にデータが含まれている場合、関連するデータは新しい仮想レポートスイートに自動的に含まれます。新しいセカンダリレポートスイートは作成された後でのみデータの収集を開始するので、履歴データを含みません。Analytics を実装するときは、1 つのレポートスイートにデータを送信するだけで済みます。グローバルレポートスイートと各セカンダリレポートスイートの実装を作成する必要はありません。

仮想レポートスイートのメリット:

  • あらゆるサイトやドメインで単一のレポートスイート ID(RSID)を使用できるので、実装が簡単になります。あらゆるデータを単一のレポートスイートに保存できるので、次世代の Adobe Analytics に移行しても顧客分析を実行できます。
  • 組織内のビジネスユーザーに、常に関連のあるデータセグメントのみを表示できます。
  • 実装後は管理者ユーザーがデータアクセスをより細かく簡単に制御できるので、セキュリティが向上します。
  • Device Co-op に参加できます。
  • 人物指標
  • データの単一の顧客ビュー(将来)
  • データをセグメント化する仮想レポートスイートを無制限に作成する機能

仮想レポートスイートの制限

仮想レポートスイートには次の制限があります。

  • セグメントのすべての制限が仮想レポートスイートに適用されます。

    仮想レポートスイートは、レポートスイートに適用されるセグメントに過ぎません。各レポートスイートは独自のデータウェアハウスと独自のデータフィードを持つので、複数のレポートスイートを使用すると、セグメントでは提供されない利点が得られます。

  • リアルタイムレポート

  • 設定と変数名は、完全なレポートスイートのようにカスタマイズすることはできません。

仮想レポートスイートとマルチスイートタギングの比較

機能 仮想レポートスイート マルチスイートタギング
リアルタイムまたは「現在のデータ」のレポーティング ×
すべての Analytics ツール(Analysis Workspace、Report Builder、Ad Hoc Analysis など)で機能 はい。注意:仮想レポートスイートとして編集や指定ができるのは、Reports & Analytics 内のみです。ただし、他のツール内でも、レポートスイートのドロップダウンで選択することは可能です。
データのアップロード(分類、データフィードなどを使用) ×
DL レポート、ブックマーク、ダッシュボード、ターゲット、アラート、セグメント、計算指標などの作成:
権限グループへの個別の追加
管理者機能を使用した個別設定の編集(管理者/レポートスイート) ×(親レポートスイートの設定を継承)

仮想レポートスイートとマルチスイートタギングの組み合わせ

場合によっては、仮想レポートスイートとマルチスイートタギングの両方を使用する利点があります。

例えば、小売業者は、ブランドごとにレポートスイートを使用したうえで、各ブランドの仮想レポートスイートを使用して地域別にデータを分割することができます。同様に、スポーツ競技組織では、チームごとにレポートスイートを使用したうえで、仮想レポートスイートを使用してチームの地域のファンと地域外のファンとを分けることができます。

このページ